築山 有城


「海外移住と文化の交流センター」別館で月に1度行われている築山さん主催の
 ~つくりたいものがあるんだ~に魔女メグさんが参加しました。新居に掛ける表札を作る!と張り切って
いましたよ。予約不要、500円でワンドリンク付きです。

鍵と山の形にしたい...とボール紙で見本を作ります。


ここまでは良かったのですが、板を形にそって切らなければならないということに思い当たり、複雑な形に
してしまったことを後悔する魔女メグさん。他の方の作業を見たりしてどうしようかと考えます。

もうひとかたしっかりと目的を持って作っている方がいらっしゃいました。ご自分が作成した和紙を利用
した作品(素敵でしょう)の額縁を作っていらっしゃいました。

黙々と、着々と形になってきました。

魔女メグさんはというと...辺りをウロウロしていてドアストッパー代わりに使っていた丸太を発見。
この輪切りが欲しいと言い出します。


のこぎりを入れる為に、築山さんに丸太を固定してもらいます。

右足が危ないと言われながら、最初は慎重に。50年振りにのこぎりを持ったとか。

慣れてきたらこんなに大胆に!板についてますね。輪切りの出来上がりです。

次はこことここに穴を開けたいのよねぇ...と魔女メグさん。築山さんに1つ開けてもらいます。

失敗したら大変...と慎重に穴を開けます。綺麗に穴が開いて魔女メグさんはご満悦でした。

この日の作業はここまで。多少手を抜きましたが、世界に一つだけの表札。完成が楽しみです。別館では、
こんなふうに月一回あなたの作りたい物が作れます。明確に頭に浮かんでいなくても築山さんが相談に乗っ
てくれますよ。参加している方達の雰囲気もとってもいいんです。次回は6月18日(日)です。
作りたい物がある方、是非ご参加下さい。

以下は、築山さんが参加された展覧会です。

原田の森ギャラリーで開催されていた「リニューアルオープン展 -ひょうごから世界へー」終了しました。


スタジオY3でお会いした築山 有城さんの作品をご紹介します。

置物(サクラ)


置物:見ばえはするが、実際は何もできない人。
サクラ:公演主催者や販売店に雇われて客の中に紛れ込み、特定の場面や公演全体を盛り上げたり、商品の
    売れ行きが良い雰囲気を作り出したりする者をさす隠語。

ということで、早速「何だろう」と声を出してサクラになる魔女メグさん。ほらね、お客様が来ましたよ。

リニューアル展、とても楽しい展覧会でしたので、他の方達の作品もちょっとだけご紹介しますね。

桝本佳子さんの作品「カジキ釣り」と谷原菜摘子さんの「SADO」、両方ともなかなか衝撃的。

和田淳さんのドローイングアニメーション「わからないブタ」。音のない10分のアニメーションはとても
面白くてジーッと見入ってしまいました。

若杉聖子さん作のとてもお洒落な白磁も展示されていました。

古着を使った吉本直子さん作の地の残像。
           天井から吊るした火箸がとてもいい音色だった明珍宗裕・敬三さん作の明珍火箸。

竹内紘三さん作の「Modern Remains Meteorite」 (やきもの)と違う素材(この場合は木)を組み合わせて、
改めてそれぞれの素材の面白さを見出そうとする作品。


一部ご紹介させていただきましたが、いかがでしたか? 現代美術はいつ観ても本当に楽しいです。
今後の築山さんの活躍を応援するとともに、グループ展、個展の情報もお届けしたいと思っています。
お楽しみに...