ART AT THE TEMPLE 2015


善通寺で開催されている「ART AT THE TEMPLE 2015」も残すところあと4日となりました。
水嶋さん作の「木の声」...全体像をご覧下さい。

古くから木には精霊が宿っていると言われています。
作者の意図とは違うかもしれませんが、木にくくりつけられ、木と一体となったマスクからちょっと
物悲しい精霊たち(木霊⦅こだま⦆)の声が聞こえてくるような気がします。

現代美術は理解出来ないから苦手とおっしゃる方がいらっしゃいますが、本当にいい作品に出会ったら
理屈抜きで引きずり込まれますよ。
難しそうだからと敬遠しないで作品の前に立ち止まって下さい。
作品がもっているエネルギーに圧倒されることもあるだろうし、繊細さ、儚さに胸を打たれることも
あるでしょう。
気持ちが明るくなる作品もあれば闇の中に落ちていくような気分になる作品も時にはあります。
そんなところが面白いんです。

お気に入りの作品を探しに週末は善通寺まで行ってみませんか?作家さん達に出会えるチャンスかも...
そしてこの展覧会が終わったら次はこちらです。お見逃しなくね。


以下は、前回の記事です。

香川県の「善通寺」で開催されている「ART AT THE TEMPLE 2015」に参加されている水嶋さんから
出品作の画像とコメントが届きました。

「土偶について」
タイトル通り土偶に込められた力強い生命力に対する祈願と生き残るために時には狂暴にすらならなければ
ならない命の「業」の哀しさを形にしたいと思いました。

 


右から見た姿と左から見た姿、随分印象が変わって見えますね。
この作品は木立に取り付けたマスク3個と合わせて「木の声」と題しているそうです。
自然の中に佇む姿、これは是非神社の境内で見てみたいと思いませんか?

スケッチブック展をいつもご支援いただいているブロガーさんTazumichiさんのブログでは他の皆さんの
作品を見る事も出来ますよ。すご~く楽しそうですよ~。

「ART AT THE TEMPLE 2015」は31日(日)まで開催中です。日の出から日没までの素敵な展覧会です。
是非見にいらして下さいね。

 

以下は、前回の記事です。

弘法大師誕生の地、香川県の「善通寺」で第4回の現代アートの展覧会が開催されます。
一昨年に引き続き水嶋さんが出展されます。

何故、お寺でアート?と思われる方もいらっしゃるでしょう。お寺で展覧会を開くことになった経緯を
水嶋さん協力の元、主催者側の方にお聞きすることが出来ました。
始まりは、善通寺野外展示実行委員会代表の妹背裕氏が現善通寺管長の講和会に行き出し、色々とお話を
する中で「境内で作品発表をしたいけどどやろ?」という話から始まったそうです。
個展ではなく複数の現代美術の作家のグループ展は出来ないだろうかとの提案に管長さんも面白そうな
企画だと乗り気になり、たちまち形になったとか。

現管長さんは、新しい考え方をお持ちの方で、サイクリングやヨガのイベントをやられたり、
AKBのコンサートまでやられているそうですよ。そんな中で水嶋さんが今年も出展されます。
どんな作品を出されるか興味津々です。

水嶋さんは第2回、第3回と出展されています。過去の作品をちょっと覗いてみましょうか。

          第2回の作品「黄色い肌の女・女・踊る人のトルソ」

 

          第3回の作品「木に棲む 森に棲む」

この中に興味深い作品が...おぉ「おに」ではないですか。

 

 

なんだかとっても親しみを持ってしまいます。可愛く見えているのは私だけでしょうか?

水嶋さん以外の方の作品も水嶋さんのブログで取り上げていらしたので是非ご覧下さい。
絶対行って見たくなりますよ。第2回はこちら。第3回はこちら

 

 

さらに、実行委員会代表の妹背裕氏は高松漆器の職人さんだそうです。伝統工芸の枠におさまりきらない活動をされているそうです。過去の展覧会でご本人を見つけました。こんな方です。そして、善通寺での展覧会の経緯を教えて下さった貴志勉氏は讃岐で陶芸教室をやっていらっしゃるようです。
ご協力ありがとうございました。作品はこちら

「ART AT THE TEMPLE 2015」多くの作家さんの作品をなんと無料で見る事が出来ます。
遠くからでも行く価値あり!です。そうそう水嶋さんのブログで開催前日の搬入設置も楽しいって
書いてありましたよ。是非こちらもご覧ください。