イヴァン・シグ IVAN SIGG


神戸の「海外移住と文化の交流センター」でマキコムズさんが企画している「休日クラブ」のプレ企画
「イヴァンさんとツクモ神を描こう!」が5月21日(日)に開催されました。
スケッチブック展のホームページに時々登場しているヴィクトリアの3人娘の1人YUUKIちゃんが参加し
ました。面白そうなので、ちょっと覗いて来ました。
初めにイヴァンさんからの説明を受けます。英語での説明(通訳の方もいらっしゃいました)にも拘わらず、
小さなお子さんも真剣に聞き入っていました。時々ユーモアを交えてホワイトボードに絵を描くイヴァンさ
んの説明に声を上げて笑っているお子さんもいらっしゃいました。言葉は分からなくてもちゃんと通じて
いるんですね。

まずは10分間の課題が出されました。版画の要領で白い紙に黒いコンテ(かな?)を利用して6つ型を取り
ます。皆さん部屋の外でいい型がないか探します。YUUKIちゃんも子供達と一緒に外に飛び出しました。

皆さん色んな所で素材集めです。

YUUKIちゃん頑張ってます。

いい型が取れましたね。YUUKIちゃん第一の課題クリアです。


次の課題は靴。イヴァンさんは地下足袋を履いていました。足袋の裏に白い紙をあてて型を取ります。

100円ショップで買った色々な材料を使って紙をぐるぐる回して型を取って出来た絵がこちら。
皆さん思わず「お~!」という声を上げていらっしゃいました。

YUUKIちゃんも早速靴を...と思いましたが、裏に溝がない!思わず笑っちゃいました。


そこで筆者のスニーカーを提供。

わ~こんな可愛い絵が出来ました。


子供達も負けていません。ここまでくると大人も子供も関係ないですね。皆さんいいセンスしてます。

そして、イヴァンさんが輪郭を描くとこの通り。絵の完成です。

最後に色を付けます。筆で描くのは面白くないとイヴァンさんは布に絵の具を付けてこすります。
一人一色ずつ使用して紙にこすり付ける技を学びます。

このあと、イヴァンさんが描いた妖怪の巻物を参考に皆でツクモ神の巻物を作ります。


ちなみにツクモ神というのは「日本に伝わる、長い年月を経た道具などに神や精霊(霊魂)などが宿ったもの
である。人をたぶらかすとされた。」(Wikipediaより)だそうです。
筆者はここでちょっと席を外し、別館で魔女メグさんの表札作りを取材です。
戻ってきたらちょうど皆さんの作品の発表会をしていました。

すご~く楽しいツクモ神が出来上がりましたね。

YUUKIちゃんのツクモ神はこちら。ヘッドホンですって。楽しいですよね~。


YUUKIちゃんは幼稚園の先生をしていらっしゃいます。子供達に教える時のいいヒントになったイベント
だったのではないかと思います。イヴァンさんは5月末にはフランスに帰国してしまうそうですが、マキコ
ムズさんの「休日クラブ」は続きます。次回の予定はこちらをご覧下さい。

 

以下は、前回の記事です。

イヴァン・シグさんはパリの北の方にお住まいで、フランスの新聞にイラストを描いたり、小説を書いたり
していらっしゃいます。JR西日本のおでかけガイド「西Navi」の表紙も飾りました。

そんなイヴァンさんがSTUDIO Y3に短期滞在し、ユニークな製作方法を披露しています。
ニュースタイルの絵画なんだそうです。何と言っても圧巻なのがこの絵巻物です。


右下の絵の中の日本語もイヴァンさんが書いたそうです。

すごく楽しい妖怪たちでしょ。北斎の影響も受けていらっしゃるとか。

石に絵を描くイヴァンさんです。

出来上がった作品はこちら。


そして、魔女メグさんが描いてもらった絵です。靴跡を利用して描いたそうです。


魔女メグさんはあまりの嬉しさに思わずハグしちゃったそうですが、周りの日本人は目が点だったとか。
KOBE STUDIO Y3はインターナショナルです。Y3に行けばイヴァンさんに会えるかも。