2017 CAF.N びわこ展 ~びわこから世界へ!~


京都の彫刻家、水嶋康宣さんの今年最初に参加のグループ展です。

現地に行った魔女メグさんから画像が送られてきました。びわ湖展が開催されている大津市歴史博物館
こんな所です。

それでは、水嶋さんの作品と共に魔女メグさんのコメントもお楽しみ下さい。

まずは水嶋さんの作品から。今回は3点です。

      「ネフェルティティ」                「顔」

                   「貞観」


作品に対する水嶋さんの解説です。

「ネフェルティティ」
表面を風化したように加工し元々あった鼻も削り取り、古代遺跡から出土する神像の破片のような存在の
強さをもたらしたいと思いました。ネフェルティティとは古代エジプトの伝説的な美しい王妃です。

「顔」
おに展に出品した旧作です。おに展については2015年の「魔女おに展に行く」をご覧下さい。

「貞観」
貞観(じょうがん)とは平安時代前期の元号です。その頃から山寺が多く建ちはじめ、今でも鄙びた田舎の
山道に迷い込むとそんなお寺が残っています。お堂の片隅には破損したり焼損した当時の仏像が残っていた
りします。私はしばしばそれらから尽きせぬ感銘を受け取るのです。

水嶋さんの解説はいつも奥深いですね。
そんな水嶋さんのオススメの作品を魔女メグさんが聞いてきました。

辻並啓子さん 「 My style 芽生」

魔女メグ:素材が紙紐だつて。そう言えば、紙袋のもち手を広げた事あるわ。

こちらも水嶋さんのオススメ。下村まち子さん 「Truth of ceramic art」
魔女メグ:タヌキが陶片をお掃除してます。水嶋says わらえるぜ。


魔女メグさんのお気に入りはこちら。貴志勉さん「 朽ちた死も進行形」
貴志さんは香川県の陶芸家です。水嶋さん参加のグループ展ではよく作品をお見かけします。
5月15日から始まる御堂筋アートにも参加されています。

魔女メグ:陶坂の下に何やら文字があるの。
     それぞれにあるわ。何かなぁ、文字は読めなくても、書いてある事が、人間ぽいね。

 

魔女メグ:館内にいらした叔父様が言うには、「これ、どうして造るんやろ?失敗でけへんなぁ。」

エトリケンジさん「あみで造った少女像 嘆きの天使」


他にもこんな作品がありました。

最後の魔女メグさんのコメントは「あ、全体がない?」でした。全体の雰囲気は分かりませんが、何となく
伝わってきていますよね。魔女メグさんありがとうございました。

「2017 CAF.N びわこ展」全体の様子は水嶋さんのブログで詳しく紹介されています。