スケッチブック展 in 安城 Ⅲ 作品紹介


【その2】

「スケッチブック展 楽描きの会」金庫番のわっかさん(新発田)。今回は初孫ちゃんの絵が目を惹きました。

前回は食べ物ばかりっておっしゃっていましたが、今回は少なめでした(意識していたかしら?)。

グループ展に参加したり、壁画を描いたりと忙しい松本さん(長岡)ですが、月1回の人物デッサン会は
欠かせません。グループ展での迫力のある作品とは雰囲気がガラッと変わりますね。

あいざわあいさん(鎌倉)は、1枚物を3枚出展して下さいました。あいさんはの作品にはいつも新鮮な驚き
があります。好きだなぁ。

 

お子さん達がまだ幼かった頃の作品を出展して下さったのはあけけみさん(東京)。この頃は影を描き込んで
いらっしゃったので、色が濃くなって写真への写りがいいですね。最近は絵本の制作もされているしお忙し
いと思いますが、毎日のようにブログを更新されていてホントにすごいです。

田尾大知助(datian)さん(福岡)は今回も街角での人物スケッチと彩色された「慌ててあせってスケッチ」
です。慌ててあせってスケッチ楽しいですね。

川崎の風雨子さんはやはりこの蛇腹が光っていました。広げて見ていただけないのが残念。

ごろぉさん(川崎)の作品は数が多くてどの絵をご紹介したらいいのかいつも迷います。最近は手作りの
スケッチブックで裏紙を使ったりとリサイクルにも貢献中です。

魔女メグさん(神戸)の作品は人物4枚をご紹介します。色だけで描く魔女メグさんの人物画はいつ見ても
溜息です。どうしたらこんな人物が描けるんでしょうか。魔法としか思えません。

安城展の主催者べべぽぽさん(安城)の作品です。今回は1枚物をご紹介します。

まるで夢の中にいるようですね。


最後は恥ずかしながら筆者you-me★(東京)のハワイ旅行を描いた蛇腹スケッチブックです。所々に写真を
入れて誤魔化しています。

以上で、「スケッチブック展 in 安城Ⅲ」の作品紹介は終わりです。安城展に出展されたほとんどの方が
神戸展にも参加しています。見逃した方、是非神戸にお出掛け下さいね。

 

【その1】

今回は、愛知県在住の方々の作品をご紹介します。

第一回の安城展を観に来て下さって、第二回、第三回と続けて大きな助っ人となってくれているのが、
マルコさんこと小原勝さんです。小原さんは元学校の先生。昨年のビクトリア展のチラシ作成でも英語の
翻訳で大変お世話になりました。作品はこちら。モンゴルの草原を蛇腹スケッチブックで表現されました。


実際にこの気球に乗って見たモンゴルだそうです。

旅先での思い出を描いた絵が多く、写真よりもきっと思い出に残っていることでしょう。植物図鑑の様な
花の絵もありました。きちんと分類されているところはさすが先生です。

安城展では初参加、最年少の西部のんのちゃんの一日一顔です。最初のページには自画像が。

観察力抜群!のんのちゃんのコメントも楽しいですね。

のんのちゃんの絵の8/2に登場する絵の先生ナカムラミオさんの作品です。物語になっているので全体を
ご紹介したいのですが、出来なくてごめんなさい。
植物が種から育って花を咲かせ枯れて実を作りまた育って...という自然界の繰り返しを絵本にして
います。描かれている花がとってもおしゃれで、素敵な作品です。是非手に取って観ていただきたい絵本
です。1枚1枚の絵にコメントが書かれていますが、字も絵のようですよね。

今回初参加。初日に観に来て下さって、2日目にご自分の作品を持参して特別参加された柴田さん。
描きためた絵手紙日記を持って来て下さいました。まるでスケッチブック展の為に描きためたような作品
の数々です。

日本各地に隠れたスケッチャーがいっぱいいらっしゃいますね。飛び入り参加大歓迎の安城展、とてもいいスケッチブック展でした。作品のご紹介はその2に続きます。