東京都現代美術館


東京都現代美術館は「現代美術の振興を図り芸術文化の基盤を充実させることを目的として」開館し
今年20年目を迎えました。

そんな美術館で現在とても素敵な企画展が開催されていますのでご紹介します。
絵画ではありませんが、芸術を鑑賞するという意味でその存在感に圧倒されました。

「山口小夜子 未来を着る人」展(6月28日まで)、スーパーモデルの走りであり1970年代~1980年代に
活躍した彼女の軌跡を追っているこの展覧会は、過去の人でありながら決して古くない今見ても新しい
山口小夜子という人を、写真と映像でたっぷりと楽しむことが出来ます。

高田賢三、山本寛斎など同時期にヨーロッパに進出した日本人デザイナーのショーで注目を浴び、
パリコレクションやニューヨークコレクションに出演し、おかっぱ頭に切れ長の目で日本人ブームを
巻き起こした山口小夜子。「SAYOKO マネキン」に衣装を着せたコーナーは写真撮影可能でしたので、
雰囲気を味わっていただくために撮影してきました。

 

この他にも現在、MOTコレクション20周年特別企画「コレクション・ビカミング」展「ガブリエル・
オロスコ」展「他人の時間 TIME OF OTHERS」展等も開催されています。東京に住んでいる人にも
あまり知られていない「東京都現代美術館」、お隣には「木場公園」もあり、休日を楽しむにはとても
いい場所です。地方からいらした方、東京観光のコースに入れてみませんか?

東京都現代美術館へのアクセスはこちら