新潟の美術家たち展 Ⅵ


「新潟の美術家たち展Ⅵ」に参加した松本さんからコメントが入りました。

2011年から開催されている同展示は2013年まで魚沼市の池田記念美術館で開催され2015年から今年の
2017年の3年間柏崎市のソフィアセンターで開催されました。

わたしの作品は柏崎市という会場の立地に発想を得て「原発」をテーマにした作品を3回かけて展開致し
ました。

2014年12月は「風導(Fudou)」
不動明王のような存在が福島第一と柏崎刈羽から噴き出す煙を足で踏む絵を描き。
2016年4月は「矢摩止(Yamato)」
先の戦争で大鑑巨砲の時代ではないと言われているにもかかわらず巨額の経費をかけ作られたが沈んだ
戦艦大和を大和の国に見立て波打つ海原に原子力施設と広島長崎から煙を上げ今にも沈まんとする姿を
描きました。


2017年の今年は最後の年となるので
「填環(Tenkan)」
シリーズ最後の作品は否定的なイメージだけではなく、普段の木と根っこの作品とつなげて製作しました。
一見、綺麗(安全)に見える水玉(しゃぼんの様なもの)を木の枝の中に配置し、そびえたつ木を描きました。
信じ、抱え込んで来たものを手放すのは難しいが、徐々に根から得るような自然な形に切り替え、
次の世代に引き継いでいく希望をイメージしました。


いつもきちんとしたテーマに乗っ取り、戦争・原発に反対する松本さんの作品は胸に迫るものがあります。
実際にまじかで観るとその迫力に圧倒されます。このエネルギーはどこから出てくるのでしょう。
普段穏やかな松本さんを知っている者にとっては大きな謎です。
そして松本さんが描く赤い血管をイメージした絵は個性的で、誰にもまねが出来ない松本ワールドを着実に
築き上げています。今後の活躍に大いに期待です!

さて、そんな作品を是非観ようと長岡に帰省中の魔女メグさんとわっかさん、中特派員の3人が柏崎に行き
ました。3人の一押しは勿論松本さんの作品ですが、他の方達の作品画像も届きましたので、ご紹介します
ね。魔女メグさんのコメントと共にお楽しみ下さい。

中ちゃんも、わっかちゃんも、私も、松本さんの絵が一等賞なのですが、これを除外しておすすめの絵を
指示しています。

わっかちゃんのおすすめ、何だか伝わるのよね~って言ってます。
細長い木に描かれています、沙蔵で展示されてもいたかな?


私からのおすすめ、降り積もった雪と柱の対比が面白く、印象に残ります。
1枚の写真を分割して、印刷してあるところに面白さが加わっているね。
少しだけ手が写ってるでしょう、魔女の手です。


中ちゃんのおすすめは、こちら。
天井から黒い布に簡単に人らしきものが印刷されていて、それが折り重なって面白さがありますね。

この作品は本間恵子さんの作品です。中を自由に歩き回れるようになっています。この方も常連の作家さん
で銀座での展覧会でも同じような作品を出展されていました。松本さんと同じく個性が光ったインパクトの
ある作品です。


「新潟の美術家たち展Ⅵ」ほんの少しだけご紹介しましたが、いかがでしたか?
次回は是非会場までお出掛け下さいね。

 

以下は、前回の記事です。

柏崎のソフィアセンターで開催されている「新潟の美術家たち展Ⅵ」に今年も松本さんが参加しています。ソフィアセンターは市立図書館です。展示ホールの他にも会議室や多目的ホールがある大きな施設です。

 

下は、昨年の松本さんの作品です。大きい作品ですね。


昨年の搬入風景です。今年も大きな作品が展示されているようですよ。


9日で終了となりますので、お近くの方、この土・日に是非お出掛け下さいませ。