ばばのりこ・墨いらすと展


ばーばらさんの作品をご紹介する最終回となります。


動きのある絵が得意なばーばらさんの作品は、描かれた人たちが額から飛び出してきそうです。

ダンスを踊る人達が本当に生き生きと描かれています。


そして、今回絵をご紹介することは出来ないのですが、元宝塚のトップスターで女優の安奈淳さんを描いた
絵(絵にも肖像権があるらしいです)。ばーばらさんは子供の頃から安奈淳さんの熱烈ファンで、機会があっ
て安奈淳さんの絵をご本人に渡すことが出来たそうです。その際に安奈淳さん自ら、ばーばらさんの個展を
宣伝して下さったとか。すごい事ですね。そのおかげで安奈さんファンの方達が個展を観に来て下さった
そうです。ばーばらさん嬉しかったでしょうねぇ。今後も個展は開催されると思います。その時には是非
原画を観にお出掛け下さいね。

 

下記は前回の記事です。

ばーばらさんの作品は音楽をテーマにした作品が多いのですが、ご自身も音楽がお好きなので自然と描いて
しまうんでしょうね。ご紹介しましょう、音楽をテーマとした作品の数々です。

色を付けた作品もありました。

多くの作品の中で筆者のお気に入りはこちら。踊っているおばさんが何ともいいんです。


ばーばらさんはなんとセツ・モードセミナーの卒業生でした。
「ばばのりこ・墨いらすと展」は4月30日(日)まで開催中です。素敵な作品がいっぱいです。
是非、お出掛け下さいませ。会場の「かふぇ&ほーる with 遊」さんへのアクセスはこちら

 

以下は、前々回の記事です。

開催中のばーばらさんの個展に行って来ました。今回の作品は墨で描いたイラストが中心です。
中には色を付けた作品もありましたが、ほとんどが黒一色。色で誤魔化せないから難しいと思うのですが、
それぞれの絵にドラマがあって絵の中の世界に入り込んで見ているような錯覚に陥りました。
そんな中、筆者がいいなぁと思った作品がこちら。

YouTubeで見たミュージシャンと猫の逸話をイメージして描いた「君がいれば幸せ」シリーズです。

 


ばーばらさんが「忠犬ハチ公」のような話とおっしゃっていた逸話。帰宅してからネットで見てみました。
これを見て益々ばーばらさんの絵が好きになりました。その逸話はこちらをご覧下さい。
猫と青年の繋がりを描いたばーばらさん。ご自身の家にも入り浸っている野良猫がいるそうです。
名前は「プリンセス」。そのプリンセスを描いた絵もありました。題して「くつろぐプリンセス」です。


愛情が感じられる1枚です。他にも素敵な作品がいっぱい!
ばーばらさんの「墨イラスト展」は4月30日(日)まで開催中です。
かふぇ&ほーる with 遊さんはこんな可愛いカフェですよ。是非、お出掛け下さいませ。