東京都庭園美術館


またしても恐縮ですが、東京の美術館のご紹介です。JR山手線の目黒駅から徒歩7分、都会のオアシス
緑がいっぱいの美術館です。

美術館の門を入ると入り口まで100m程、両脇を鬱蒼とした木々に囲まれた道を歩きます。

庭園美術館は旧朝香宮邸を美術館として利用し、アール・デコ様式の建物は国の重要文化財です。
この美術館に似合うのは下記の様な展覧展(いずれも過去の美術展)です。
特に建物と合って素晴らしかったのはエミール・ガレの展覧会でした。

庭園美術館という名の通り、お庭も素敵です。左下の地図はちょっと古いので、工事中となっている部分
の中で日本庭園は現在見る事が可能です。

お天気のいい日は芝生に寝転がっている方も...庭園だけの入場料は100円です。

左下は新館のレストランです。右下は入り口にあるミュージアムショップ。ここは無料で入れます。

現在開催中の美術展は、「並河靖之 七宝展」です。七宝は明治時代に輸出用工芸品として多く作られた
そうです。並河靖之はその中でも繊細な作品で頂点を極めた七宝家です。「黒色透明釉薬」という透明感の
ある黒地に、鮮やかな花や鳥を描いた作品はとても魅力的です。4月9日(日)まで開催中です。

尚、期間中に蝶のモチーフを身に着けて行った方は100円引きになるドレスコード割引があります。
ドレスコード割引は展覧会毎にテーマが変わる粋な企画です。是非ご利用下さい。