ホノルルの美術館


今回は常夏の島ハワイの美術館をご紹介します。「ハワイに美術館があるの?」と思っていらっしゃる方も
多いと思いますが、ちゃんとした美術館が何軒かあります。
ご紹介するのは「ホノルル美術館」と「ハワイ州立美術館」です。
「ホノルル美術館」はワイキキビーチからダウンタウンに行く途中、トロリーで15分程の所にあります。
ちなみに筆者は途中画材屋さんに寄って40分程歩いて行きました。

ホノルルの画材屋さんは日本の小さな画材屋さんと同じような感じ、特に面白い物は無くてちょっと残念。
ホノルル美術館までの道、歩いている人はほとんどいませんでした。↓ホノルル美術館です。

入館料は大人$10(17歳以下無料)、入り口で日本人かと聞かれ、日本語の冊子をくれました。


この美術館は一か所だけが2階建て、そのほとんどが中庭を囲むように作られた平屋の美術館です。
意外だったのは印象派の絵画が結構多かったこと。アジアの絵画も多く展示されていました。

ボナールの「マントルピースの上の花」とピサロの『 ポン・ヌフから見たルーヴル宮、霜の降りた冬の
朝の陽射し 』

モネの「睡蓮」とセザンヌの「囲い地」

 

ヴラマンクの「小径」とピカソの「扇とパイプ、グラス 」

デ・キリコの「大いなる機械」


筆者のお気に入りはオキーフの「イアオ渓谷の滝」。この美術館に一番合っていたような気がします。


中庭は4つあり、中庭を眺めながら食事が出来るオープンカフェもありました。

ミートローフのハンバーガー、美味しかったですよ。

 

現代美術の部屋にはこんな作品も...右の女性も作品です。

なかなか見応えのある美術館でした。

ホノルル美術館からさらにダウンタウンに向かって30分程歩いて「ハワイ州立美術館」に行きました。

入館料は無料。ハワイの芸術家達の現代アートが中心です。

ハワイらしい作品の数々です。

ハワイには繊維を編んだ布は存在しなかったそうです。その代りにカパと呼ばれる樹皮で作った加工品
(不織布)がありました。↓はカパを叩く棒、右側が植物の染料で染めたカパです。

こんな楽しい作品もありました。ミュージアムショップは閉まっていたので外からパチリ。

入館無料でたっぷり楽しめました。

この他にもワイキキから山の方に向かった高台の高級住宅地には個人の邸宅を美術館にしたとても素敵な
「コンテンポラリーミュージアム」(現代美術館)があります。
ハワイに行く機会があったら海だけでなく是非美術館にもお出掛け下さい。お勧めです!