現美新幹線とSLの旅


世界最速の芸術鑑賞「現美新幹線」をご存知でしょうか?意外と知らない方が多いんですが...
越後湯沢と新潟の間を土日祝日限定で走る、中が美術館になっている新幹線です。
6両編成で、カフェやキッズスペースもあります。
1度乗ってみたいと思っていましたが、北方文化博物館で「那須髙明展」が開催された時に乗って味を占め、
Gallery沙蔵でのスケッチブック展の際にも乗ってしまいました。料金は普通の新幹線と同料金です。

車体は濃紺で写真家蜷川実花さんの「長岡の花火」が外装となっています。


車両には指定席と自由席があります。指定席には乗らなかったので、JR東日本のHPから画像を拝借。
指定席は11号車、新潟行きの場合一番後ろの車両になります。松本尚さんデザインの車両です。
「五穀豊穣」「祝祭」「光」をコンセプトとして織り込んだそうです。


12号車から16号車までは自由席。自分の気に入った車両のソファーに座る事が可能です。
12号車は小牟田悠介さんの鏡面ステンレス。新潟の風景が写し出されとっても素敵です。残念なことに、
上越新幹線はトンネルが多いんですが...

13号車はキッズスペースとカフェ。キッズスペースの奥がカフェになっています。キッズスペースは
「paramodel」(林泰彦さん・中野祐介さん)のデザイン。

カフェの壁には古武家賢太郎さんの作品が飾られています。ちょっと忘れそうな場所なので注意!

そして、カフェでは「romi-unie」のいがらしろみ氏が監修した地元の素材にこだわったスイーツと燕三条で
人気の「ツバメコーヒー」監修のコーヒーを提供しています。
早速、佐渡クリームチーズのレモンケーキとコーヒーを注文して自由席で絵画を観ながらいただく贅沢。
このテーブルは優れもので、中に荷物を入れられるようになっています。


尚、JRのびゅう旅行商品として予約するとこんな特典がつきます。インターネットでのご予約はこちら


チケットと一緒に特典の引き換え券が付いてきます。引き換えはカフェで。

続いて14号車は写真家石川直樹さんが新潟を撮った写真です。

現美新幹線はトイレもお洒落。シックに統一されていました。


15号車は荒神明香さんの作品です。明るい作品は観ていて楽しくなります。

この作品は天井から吊るされていて列車の動きにユラユラと揺れます。お子さんに人気の車両です。

16号車、先頭車両はブライアン・アルフレッドさんの画像です。移り変わる四季を追っていきます。

以上が、現美新幹線のご紹介です。景色と芸術を同時に楽しめる新幹線です。新潟の景色もいいですよ~。


越後湯沢午前8時24分の現美新幹線に乗って新潟に行くと「SLばんえつ物語」号に乗り継ぐことが出来ます。「貴婦人」の愛称で親しまれたC57 180号機を1999年動態復元し、土日祝日に新潟から会津若松まで走って
います。

 

「SLばんえつ物語」号は全席指定、新潟から新津まで乗りました。わずか一駅30分程の旅ですが、840円で
充分楽しめました。4号車は展望車です。ポストからは実際に郵便を出すことが可能。

ポストの横の棚の上で記念スタンプを押して、景色を楽しみます。ちゃんと黒い煙を吐いて走ってます。

1号車は「オコジョルーム」と呼ばれるキッズスペースがあります。

停車場にはカラフルな列車が...沿道の景色もいいですよ。

最新の新幹線からレトロなSLへ。新と旧を同時に味わえてとっても楽しい旅でした。
「SLばんえつ物語」号は4月~11月の運行です。

現美新幹線とSLの旅いかがでしたか? 今年の旅行プランに組み入れてみませんか?お勧めですよ。