魔女の散歩道・後編

お待たせしました。魔女の散歩道・後編です。
前篇は「ザ・ヒルサイド神戸」の前まででしたね。さて、続いて仙人おじさんのいる護国神社に向かいますが、その前に...海に向かってクレソンの自生する川の脇道を下って行くと魔女メグさんが
「ここ、ここ」と言います。「ん? この壁の残骸は...?」

 

そうです。この絵が生まれた場所でした。暑い夏の日、魔女メグさんが壁の前で朝顔を描いていると、
その家の方が出てきてお水を1杯くれました。六甲の散歩道は人も温かいんですね。

 

さあ、このまま道を下って行くと護国神社に出ます。護国神社は明治戊辰の役以降の兵庫県東部、丹波、
淡路ゆかりの英霊53,257柱が祭祀されているそうです。


この神社のお庭の手入れをされているのが仙人おじさんです。あいにくこの日は仙人おじさんには
会えませんでしたが、魔女メグさんのブログから拝借。
そうこの絵はこの神社で生まれました。

これらの手拭い仕様の絵は、全て散歩道から生まれたんですって。
左から「児童館のゴーヤ」「坂の途中の空き地のむくげ」「店の入り口のキーウィ」だそうです。
ホントにいつ見てもいい絵ですよねぇ。

護国神社を出てからは平らな道を歩きます。だいぶ歩いてきたのでそろそろ一休みしたいですよね。
六甲の美味しいスイーツのお店「遊菓」さんをご紹介しましょう。

定休日は月曜日。 10:30~20:00まで営業しています。地図はこちら

外観はこんな感じ。小さなお店ですが中でケーキを食べることも出来るんですよ。詰めれば4名座れます。
ここで魔女メグさんはオーナーの由佳さん(とっても楽しい方なんです)とおしゃべりしながら美味しい
スイーツを食べてるんですって。羨ましい~。(右の写真が由佳さんとおしゃべりする魔女メグさん)

ケーキを食べ終わったらバスに乗って元町に向かいます。元町には「YUNAYA」さんがありますが、
「YUNAYA」さんは「魔女メグさんの個展」でご紹介しましたので、この日は前を通り過ぎて北野に
向かいます。あっと元町にはこんなオシャレなビルが建っていました。さすが神戸ですね。

 

北野に到着したら、魔女メグさんのお気に入りの場所「海外移住と文化の交流センター」へ。
ここは昭和の始めに神戸港からからブラジルに移住する全国の人達が、出発前の1週間~10日間を
旅の準備の為に過ごす施設だった場所だそうです。そして、ここには面白い部屋があります。
「活動支援室」という部屋があり、若手アーティスト達が安く部屋を借り、それぞれの製作の場
としています。そう、ここが魔女メグさんのお気に入りの場所なんです。
中を覗いてみると、なんと「ひとりスケッチブック展」をしている方がいました。
魔女メグさんも休憩コーナーで今日1日の出来事を蛇腹スケッチブックに描いていきます。

「海外移住と文化の~」を出たら異人館街の中を歩いて、最終目的地は「あんカフェ」さんです。
キッチン展が始まる前の冬仕様のお店とテーブルに着くや否や描き始める魔女メグさんです。

 

さ~て、魔女の散歩道はこれで終了です。楽しんでいただけましたでしょうか?
六甲には魔女の散歩道が他にもあるそうです。またいつか機会があったら特集しますね。

《訃報》
今回の特集で護国神社に登場していただいた仙人おじさんですが、今年亡くなられたそうです。
この特集がお元気な頃の仙人おじさんをお伝えする最後の記事となってしまいました。
仙人おじさんのご冥福を心よりお祈り致します。