天空散歩展


12月5日(月)~10日(土)に東京 銀座のギャルリー志門で開催されたグループ展「天空散歩展」に松本さんが
参加しました。

今回は取材に行けなかったのですが、長岡の中特派員が行って下さいました。松本さんの解説です。

今回は「膨浮」「蒼羅」という作品を出品しています。天空散歩という展示だったのでどちらも空をイメージ
したものです。

「膨浮」(中特派員、写りこんじゃいました)


「膨浮」は2003年に立体で制作した作品で中が空洞で膨らんだ人(↓)が雲の切れ間に浮かんで行くイメージで2008年に制作したものです。松本さん面白いことやってますよねぇ。

「蒼羅」

「蒼羅(そら)」は今回のために制作した作品で森の中から空を眺めるまたは、土の下の根の間から地上を
求めるイメージで描きましたが、見る人にイメージの広がりを持って好きなように見てもらえるよう抽象的
な表現に留めました。


松本さんの作品は、描き手の気持ちがすーっと伝わってくる作品が多いなと感じているのは筆者だけで
しょうか?解りやすいと言ったら失礼かもしれませんが、その作品の中に違和感なく入っていけるようで、
とても心地いいんです。(現代美術の中には観ていてストレスが溜まるような作品もあるので)
今回も素敵な作品を見せていただきありがとうございました。
そして中特派員も画像ありがとうございました。