魔女が観た貝塚 ー貝塚まちなかアートミュージアムー


2016年11月26日(土) 快晴、筆者は羽田から飛行機で、魔女メグさんは神戸から箒に乗って貝塚に向かい
ました。関西国際空港上空で落ち合い、貝塚に降り立って貝塚駅からは会場となる水間観音駅まで電車に
乗りました。水間観音駅では水嶋さんと「貝塚まちなかアートミュージアム」のアートディレクター薮内
さんの熱烈歓迎を受けました。パンフレットを受け取って6会場21作品を観にいざ出発です。


まずは重い荷物を「まちなか本部」に預け(水間観音駅にはコインロッカーがありません)、「K-3 納屋」に
向かいます。出展作家の紹介はパンフレットに記載されていた薮内さんのコメントが簡潔で分かりやすい
ので引用させていただきますね。「K-3 納屋」には3組の作家さんの作品が展示されていました。

「生命の環」勝田 真由さん 小さい身体から驚くほど豊かに溢れ出る、気宇の大きな灼熱の作品たち。


「光のトリデ・闇のトリデ I」脇浜保育園+おおぞら保育園 光と闇があたたかく共存する作品を、情熱の
保育現場よりお届け。

トンネルのような入り口がいくつもあって、中はとっても綺麗な光に満ちていました。

「小屋デオモフ 小屋ニツドフ」ののくさ工房 農や地と生きる。彼女の作品は生き方に密着。この説得力
は深い。

ののくさ工房さんには申し訳なかったのですが、写真を撮り忘れていて、後でダンスパフォーマンスの
後ろに偶然写っていたこの写真しかありません。納屋の中になんの違和感もなく建っていたからでしょう
か。


次に訪れたのは水嶋さんの作品のある「K-4 K邸(古民家)」です。ここにはもうひとかたの作品が...

「凸凹おみくじツリー」(有)リブ建築設計事務所 ハッピー、ドリーム、きっと良いことがまっていますよ。

おみくじが引けるようになっていて皆さんがおみくじを結び付けてツリーを作ります。
魔女メグさん、水嶋さん、筆者もおみくじを引きました。この期に及んで恋愛運が気になる3人でした。

「秋の雨」水嶋 康宣さん 石膏を使い自然の中の水分で刻々と風景をいじってもらう。

水嶋さんの作品に興味津々で見入っている小学生たちです。

「石膏って何?」と聞かれて、たじろぐ水嶋さん。建設関係のお仕事をされていて妙に石膏に詳しい方も
いらっしゃいました。

水嶋さんの作品の詳しい説明はこちらをご覧下さい。


そして、次の会場に向かいます。貝塚は道の脇を清水が流れ、街並みがとても素敵な所です。
立派な瓦屋根が続いていました。
次の会場に到着しました。不思議な看板が...え?銀座七丁目?

「K-5 銀座七丁目」美容室です。

「光のトリデ・闇のトリデ Ⅱ」脇浜保育園+おおぞら保育園 納屋に続いてこちらにもトンネルが...

「適応」大川 あじさいさん どうしたんだ?あの美容室が妙な物体に浸食されているそうだ。

この作品は一番インパクトがありました。写真ではちょっと分かりずらいかもしれませんが、宇宙人に
侵略されたようでした。怖いけど気になる、そんな作品でした。
魔女メグさんも「このピンクの壁との対比が何とも言えずいいわぁ」とおっしゃっていましたよ。

2Fには4作品が展示されていました。

「フエルトプール」 大阪府立佐野工科高等学校 課題研究テキスタイル班 まーるく囲まれた大きな穴は
暖かなものを閉じ込めた平和な世界。思わず微笑みが...。

このプール、羊4頭分の毛を使って作ったそうです。もこもこでしたよ。

「また星をみるために」野村 真弘さん 彼の抽象平面は何を語り出すのだろうか?

ごめんなさい。小さくて良く見えないですよね。接写すれば良かったと反省。

 

「いとほし」原田 有希 今、子育て奮闘中。こどもに捧げる愛の日本画を見よ。

魔女メグさん一押し作品です。

特に気に入られていたのはこの作品。耳がね~。


「その間にあるもの」中橋 祥行 白い静謐な世界。行間を読むような世界。

これ発砲スチロールで出来ているんです。切った時に出たカスが手にまとわりついてさぞかしイライラした
事でしょう。

窓にも発砲スチロールが綺麗にはまっていました。

続いては「K-6 水音造園」築200年の建物です。

「有機生命体の軌跡」天野 英子さん 植物、有機物と日夜格闘する笑顔の女闘士のパワーに括目せよ!

「また星をみるために」野村 真弘さん 抽象の王子が貝塚に持ち込んだものは何か。

「銀座七丁目」で展示が良く見れなかった野村さんの作品です。

「家の気息」松枝 美奈子さん 古民家の屋根裏から呼吸のように溢れ出すものは...

吹き抜けから下がっている松本さんの作品です。天井には木の皮を使っているのかしら。立派な天井です。

道の途中で見つけた看板。看板を見ただけで酔っ払いそうです。


酒屋さんを過ぎると「K-7 貴楽園」です。

「光と影」yulamocoさん マスキングテープ作品。生きる活力、知力、しあわせを生む気持ちの良い
デザインの力。


何でもマスキングテープで飾ってしまう。車もお洒落ですね。

ここではマスキングテープを利用してコースターを作る事が出来ました。大人も子供も夢中になって作って
います。

私達ももちろん参加です。完成した魔女メグさん(左)と筆者(右)のコースターです。コースターはお持ち
帰り出来ました。

そして、2Fでは、

「かいづかの、たからもの。」オオサコミヤギさん 女子大生ユニットの大仕掛けなインスタレーション。
陶と映像の共演。

映像には地元のおばあちゃん達が登場。おしゃべりしながら粘土をこねています。おばあちゃんが作った
作品も並んでいました。

「ふきよせ」布まわり案内人 カシオペイヤさん 一直線に、日本やアジアの深層につながる様がステキな
作品。

可愛いワンピースもありました。


この会場でスタンプがいっぱいになりました。


まちなかアートオリジナルキャンディーをGET!


さてそろそろ2時です。薮内さんが2時から駅でダンスパフォーマンスがあると宣伝していました。
面白そうだから見てみましょう。多くの人達が駅に向かいます。

 

今回、参加していたお子さん達は、アートディレクターの薮内 博さん(左下の写真で両手を上げている方)
が主宰する絵画教室の生徒さん達だそうです。駅前で親御さん達も一緒に大きな輪が出来ました。

駅でのパフォーマンスが終わると今度は納屋に移動です。子供達も慣れてきて段々のってきました。
池宮さんは一人で裏方さんもやっていて音楽を替える為に裏に行ったり大忙しでした。


最後はバレーボールです。貝塚と言えばその昔、東京五輪で金メダルを取った「東洋の魔女」の中核をなした
ニチボー貝塚の本拠地だったんです。
なんでバレーボールになったのか若い方は分からなかったかもしれません。
池宮さん体を張ってのパフォーマンスでした。

実はこの後、銀座七丁目に移動したのですが、私達はあまりにもお腹が空いていたため銀座には行かずに
遅いランチを食べに行きました。お腹が満たされた後は最後の会場「K-8 客殿」に向かいました。
客殿は水間観音の敷地内にあります。

ここには3組の作品が展示されていました。

「注文の多い同窓会」トリオ・ザ・転校生 よおこそ。ここで忘れていたものが手に入るでしょう。

幾つもの部屋を通りながら懐かしい記憶を呼び覚ましていこうとする企画。
タイプの違う3人の部屋を通ります。

Aさんの部屋↓                        Bさんの部屋↓

Cさんの部屋↓ 「私はCさんだわ」と言う魔女メグさん。

そして最後の部屋でご対面です。左からAさん、Bさん、Cさんだそうです。

「ジュリアンは火を消すか」松枝 美奈子 小便小僧は、実はベルギーのジュリアン君。ぼくを忘れないで。

松枝さんの作品は壁にも展示されていたのですが、撮影したつもりになっていてこの1枚しかありません
でした。ごめんなさい。


「きらら彦星」きらら彦星 実行委員の一人。アートに一歩踏み込もうとしての悪戦苦闘をご覧ください。

しっかりアートしていました。素敵な作品でしたよ。

「貝塚まちなかアートミュージアム」2016年の作品は如何でしたか?筆者の写真では充分に楽しさが
伝わらなかったかもしれませんが、ほんの少しでも現場の雰囲気が伝われば幸いです。
地元に根ざしたアートの祭典、とても羨ましく思いました。魔女メグさんともども楽しい1日を過ごす
ことが出来ました。
貝塚の皆さん、出展作家の皆さん、そしてアートディレクターの薮内さん、ありがとうございました。
「貝塚まちなかアートミュージアム」は2年に1度開催されます。
ご覧の皆さん、次回は是非お出掛け下さい。貝塚とってもいい所ですよ。

最後におまけです。会場をすべて見終わった後に水嶋さんが産地直売所「愛彩ランド」に連れて行って
下さいました。ここで魔女メグさんは普通に野菜をいっぱい買っていました。帰りの箒は重くて低空飛行
だったようです。近くには皇帝ダリアが綺麗に咲いていました。