「生田緑地と多摩」 藤田正俊 切り絵展


川崎のひげふじさんこと藤田正俊さんが12月13日(火)まで川崎の生田緑地で切り絵展を開催しました。
住んでいらっしゃる川崎市をこよなく愛し、多くの人に伝えたいと今回はこの生田緑地と多摩を中心とした
切り絵を出展されました。

11月のスケッチ会で行った多摩川もひげふじさんの手にかかればこんな感じ。
そうそう鳥がいっぱいいたのよねぇなんて思い出しながら皆さん観ていきます。

                           こちらは生田緑地の日本民家園

岡本太郎美術館                     中央広場のD51

桜の作品も多かったのですが、その中で筆者のお気に入りはこちら。切り絵の上から貼った和紙が春の
霞んだ感じと桜を表現されていてとても素敵でした。アップでも1枚。

芳名帳代わりの一言ノートにはコメントがいっぱい。お子さんのコメントが多いのは嬉しいですね。

更に、切り絵を貼ったポストカードに一言づつコメントを入れて渡して下さいました。
筆者がいただいたのはこちら。人生を楽しんでいらっしゃるのがよく分かります。お手本にしたいです。

そしてこの生田緑地の中にある日本民家園の入園券に使われているのはひげふじさんの切り絵です。
素敵でしょ。なのにご本人は1枚も持っていらっしゃらないんですって。
生田緑地さんひげふじさんに1枚差し上げて下さ~い。


切り絵展、ほのぼのとした雰囲気のとても素敵な展覧会でした。

生田緑地はスケッチポイントとしてもいい所です。中には日本民家園や岡本太郎美術館もあります。