「スケッチブック展 in 長岡 欅中居」 作品紹介


お待たせしました。欅中居でのスケッチブック展の作品紹介です。
それでは、今回初参加で主催者でもある鈴木利子さんの作品からご紹介しますね。
鈴木さんは織物作家さんでありコラージュ作家さんです。古き良き物の中に何気なく鈴木さんの作品が
展示されていました。初参加ですのでいっぱいご紹介しちゃいます。


こちらはコラージュの作品。展示方法に鈴木さんのお洒落なセンスが感じられます。


そして、このノートがすごく楽しいんです。
             オーストラリアの写真をイメージして右のページにコラージュしています。

更にお若い頃のスケッチブックも展示されていました。
右側のイラストはおかきのパッケージに応募した時のスケッチだとか。

色々なアイデアを描いたスケッチブックはとても楽しいものでした。

続いては最近は墨で描く事が多いごろぉさん。日記のような作品もありました。

色の付いた作品を探してみました。いい色ですねぇ。

ベベポポさん、ブログは4ヶ月ほどお休みしていますが、描いていらっしゃいました。
びわの絵は人気でしたよ。

松本さんの人物は写真のようです。

珍しい喫茶店でのスケッチに、反戦を訴える松本さんの貴重なスケッチを発見!興味深いです。

さて、このところブログを更新せずに魔女メグさんがはまっているものがこれ。製本です。

この日の為に絵を描かずにせっせと製本作業をしていたようです。また右の画像ですが、初日にいらした
方が魔女メグさんが描いたティファちゃん(右)の絵の写真を撮って和紙にプリントアウトして(左)下さった
そうです。柔らかさを出すために暖色を基調としたそうです。手に取って見ていただけないのが残念!

今回、ティファちゃんも欅中居に来てくれました。慣れない夜行バスと日本語の洪水でかなり疲れたこと
でしょう。それでも終始笑顔を絶やしませんでした。神戸に帰ったらすぐ試験とか、学生さんは大変です。
そんなティファちゃんが初めて描いた透明水彩画です。今後が楽しみですね。


最後はわっかさんの作品です。全て、つい最近描いた新作です。

北方文化博物館の生垣に生っていたあけびです。わっかさんは次回の沙蔵でのスケッチブック展の為に、
長岡駅で新しいノートを購入していました。12月にはまた新作が見られますね。

以上が、今回のスケッチブック展に参加された方達の作品の一部です。
スケッチブック展の魅力は、スケッチブックを手に取って観てもらうことにあります。
皆さんのお住いの近くでスケッチブック展が開催された時にはどうぞ会場まで足を運んで下さい。
たくさんのスケッチブックがあなたに手に取ってもらうのを待っています。
スケッチブック展、12月は長岡の「Gallery沙蔵」と川崎の「東高根森林公園」で開催されます。
お近くの皆さん是非いらして下さいね。