貝塚まちなかアートミュージアム


町がアートに染まる貝塚の1週間が終了しました。
今回の水嶋さんの作品はこちら「秋の雨」Autumn rainsです。


 私たち日本で美術に携わる者は誰しも、その色合いや素材の選択、世界観の形成などについて日本の風土
織り成す風景と生活文化の影響を抜きに考えることはできないと思います。
 そして日本の風土が織り成す風景と生活文化の正体はといえば、それはこの地域独特の気候による豊富で
澄明な水をもたらす降雨とはっきりとした四季の変化であると気付かされます。
 初めてこの松本氏邸を下見に訪れた時、水間地区全体を滔々と流れる用水を引き込み、庭に池や幾つも
手水鉢など水を楽しみ愛でるための設えが多くあるのに驚きました。
 そして改めて日本人と水との関わりいについて考えずにいられませんでした。

 古来、日本美術には山水図や四季耕作図など水と季節とヒトの営みとの強い関わりを表現したものが数多
く存在します。
 この度私が試みたことは、そうした伝統の上に立ち新しくその伝統につなげていけるものはないものかと
思案した結果です。
 石膏を屋外に放置すれば湿度に反応し、いずれ数日のうちに雨水によって硬化するーそんな日本では当た
前の事柄に、私は驚き感謝したいと思います。

 貝塚に降る秋の雨の一粒一粒を石膏の痕跡と結晶(CaSO₄・2H₂O)に残し、この試みは完成します。


最終日はあいにくの雨でしたが、固まっていない石膏の上に落ちる雨が水嶋さんの作品を完成させてくれた
ようです。完璧な終わり方でしたね。とても素敵な楽しい1週間でした。

「貝塚まちなかアートミュージアム」今回も楽しい作品がいっぱいでした。皆さんの作品はこちら
子供達を巻き込むパフォーマンスもありました。後日「魔女が観た貝塚」で詳しくご紹介しますね。
予告編として1枚だけ、池宮中夫さんの舞踏パフォーマンス「Dance in the sky」のひとコマです。

 

 

 

以下は前回の記事です。

このホームページが開設される少し前の2014年11月、第2回の「貝塚まちなかアートミュージアム」が
開催され水嶋さんが参加しました。
その時、ご紹介することが出来なかった作品を、この機会にご紹介しますね。
貝塚市は大阪府の南西部に位置します。関西国際空港から電車で30分位の所です。東京からだと関空まで
飛行機で行った方が新幹線より安い!この時も飛行機を利用しました。


早速、迎えてくれたのは怪しい看板「B-Boyのおじさんの育て方」。
種を撒くところから育つまでをビデオで真面目に説明してくれます。思わず真剣に見入ってしまいました。

こちらが収穫した「B-Boyのおじさん」です。笑っちゃうでしょ。


いきなりこんな物(失礼)を見せられてからI邸に展示された水嶋さんの作品です。この時の水嶋さんの
テーマは「あなたがいた場所」(Where you had been)です。

傷の手当てに使う包帯を日常のありふれた”もの”に巻くことを通じて、包帯を巻かれた”もの”に係わる誰か
の不在、その誰かへの愛などしばしば痛みをともなう心の働きを視覚化させたいと思いました。
愛する記憶と結び付いた物や場所はたいていの場合第三者の目には平凡でありふれたものです。
しかしその平凡でありふれたものが喚起する豊かな感情の存在を私は信じたいと思います。

自転車にぶら下がった黄色い傘が色鮮やかで「そこにいた人」の存在を訴えていた印象的な作品でした。
水嶋さんの作品はごくごく普通の民家に展示されていました。

窓からの景色も取り入れた他の方の作品です。貝塚、とってもいい所です。


屋外の作品もありました。ちびっこ公園の展示も素敵でした。

貝塚市を流れる近木川です。

水間寺の客殿にも水嶋さんの作品が展示されていました。

同じ客殿に展示されていた別の方の作品。
これ蚊取り線香なんですよ。平成水間観音は高校生の作品だったような(間違っていたらごめんなさい)。

他にも昭和の香りたっぷりの牛乳屋さんとか大きな倉庫の奥深くに小さく展示されていた作品など、
とても楽しい展示がいっぱいでした。
今年はどんな作品に会えるのか、水嶋さんは今回どんな展示をされるのか、とっても楽しみです。

参加者の中には、高校生や保育園生もいるんです。普段はアートに縁のなさそうなお爺さんが案内して
下さったり、ボランティアで駐車場の交通整理をしている方がいらしたり、会場に民家を提供する方がいら
したり、本当に楽しいまちなかアートです。交通の便がいい場所ではありませんが、一見の価値ありです。
是非貝塚までお出掛け下さいませ。