新潟の小さな画廊 「絵屋」


今回はスケッチブック展の金庫番わっかさんのお気に入りの画廊をご紹介します。

新潟の下(しも)と呼ばれる下町の古い家屋を利用した画廊「絵屋」さんです。


新発田在住のカルベさん(ホントは軽部さんと言う、れっきとした日本人)の個展に行って来ました。

日本家屋の良い所を残し改装されています。この建物も画廊として使われなければ、今頃は壊されていた
かもしれません。2000年からスタートし、毎月3回の企画展が開催されています。

和紙を張った壁に残る画鋲の跡もまるで1つの作品の様な存在感を感じます。

 


小さな画廊ですが、毎月の展示はいつも刺激的なもの。
毎月発行されている絵屋便という冊子も楽しみなんです。私の大好きな画廊の1つです。

素敵な画廊ですね。絵屋さんで現在開催されているのは、
伊津野雄二展「手しごと 夢おくり」~11月10日(木)
次回開催は、「泉谷眞知子展」11月12日(土)~20日(日)
その次は、「しんぞう展」11月22日(火)~30日(水)
どの展覧会も見応えがありそうです。新潟の小さな画廊「絵屋」さんを訪ねてみませんか?