那須 髙明 展


10月20日に終了した「那須 髙明 展」での作品をご紹介します。
作品は全部で73点。風景27点、裸婦13点、抽象画33点です。
相変わらず写真の撮り方に問題ありですが、少しでも作品の素晴らしさを伝えられたらと思います。
それでは、風景からまいりましょう。

       大倉の雑木林                     常念岳

       いもりが池                      有明山

続いて裸婦です。裸婦の題名は全て「裸婦」1~13までの内の4作品です。

今回の個展で一番多かったのは抽象画です。長岡市の栃尾美術館所蔵の2点。
        
          平和の告知                  夭折の町

抽象画には戦争の悲惨さ、平和への強い思いが込められています。戦後70年経った今でも戦争の記憶は
消えていません。戦争の話をされる先生の一言一言が重く心に残りました。
上にご紹介した「夭折の町」は東京大空襲をテーマにした作品で、「東京は関東大震災で焼け野原になり、
いろんな人の努力で復興して、また大空襲で失われた、若死にというか早死にというか、それでこの題名を
つけた」そうです。(長岡N特派員からの情報)

多くの生徒さんが亡くなられたのを悲しんで描いたレクイエム1と長岡空襲を描いたレクイエム2です。
長岡空襲では長岡中心部市街地を標的に焼夷弾が投下され市街地の80%が消失したそうです。
ある展示会では、悲惨さが伝わってくるこの2点の展示を断られたそうです。
でも、平和を訴える為にはこの2点の展示は不可欠だと思いました。

防空壕の中での恐怖を描いた「出口のない構成」1~7も心に残りました。

そして、こちらは「展望」1~9の中から2点です。明るい未来への思いが感じられます。

さらに「小さな港の」6と7です。

最後に、案内はがきになった「小さな港の1」です。
ほんの一部のご紹介でしたが、いかがでしたでしょうか?作品の素晴らしさが少しでも伝わっていたら
幸いです。(解説に間違ったことが書かれていたらご指摘下さい。すぐ訂正します)


企画された教え子の皆さんにも感謝です。N特派員、ご協力ありがとうございました。
そして那須先生、素敵な作品を拝見させていただきありがとうございました。

 

おまけ:昨年このホームページでご紹介させていただいた北方文化博物館の大日如来立像が、木の祠に
納まっていました。

ラッキーなことに、この日は最高のお天気で、帰りの車の中からは綺麗な夕日と月を見る事が出来ました。

 

以下は、前回の記事です。

10月15日(土)から那須 髙明 展が始まりました。
初日には新潟県民ならほとんどの人が読んでいる「新潟日報」に記事が載りました。
右下の画像をクリックすると大きな画像がご覧になれます。
ちなみに後ろで額を掛けているのはスケッチブック展の金庫番わっかさんです。

初日から多くのお客様がいらっしゃっています。那須先生もいらしていたので、作品を観た後は先生を
囲んでの会話がはずんでいました。

作品は、風景あり、裸婦あり、抽象画ありの盛り沢山です。


天井が低い屋根裏ギャラリーは、ライトがほんのり暖かく、梁の影が作品に微妙な陰影を与えていて
とてもいい雰囲気です。とっても見応えがあります。是非お出掛け下さいませ。

 

以下は、前回の記事です。

10月15日(土)~20日(木)に以前特集でご紹介した「北方文化博物館」の屋根裏ギャラリーで魔女メグさん
と松本さんの高校時代の恩師、那須 髙明先生の個展が開催されます。
この展覧会は魔女メグさん達教え子の皆さんが企画されました。

 


那須先生はご自身の戦争体験から「戦争は絶対にやってはいけない」との思いを持って制作に取り組んで
いらっしゃるそうです。F4~F80サイズまでの73点の油絵が並びます。
会場となる北方文化博物館はとても素敵な所です。屋根裏ギャラリーだけなら入場無料。
お近くの皆さん、新潟方面にご用のある皆さん、是非北方文化博物館にお立ち寄り下さいませ。