童展 WARABE2016


神楽坂のセッションハウスギャラリーにて開催されている「童展」、いよいよ30日(金)までです。
松本さんが参加しています。

松本さんの作品をご紹介します。左右の作品は松本さんの個展でもご案内しました。
左が謝嘉(Syaka)、右が胎成(Taisei)、間の作品が新作双風(ふたかぜ)です。
新潟の美術家たち展」では、水をイメージし、今回は風です。


生命の誕生や自然、神等、松本さんのイメージするものはスケールが大きいです。


角度を変えて見てみると迫力が感じられます。これらの作品が壁画へと続いていくんですね。

童展に参加されているのは7名の皆さんです。折角ですから他の作者さんの作品も一部ご紹介しますね。
長谷川千賀子さんの「炭素の循環」と星野健司さんの「トルソ」(筆者のお気に入りの作品)です。

佐藤美紀さんの作品はかなり多く展示されていました。こちらはほんの一部です。

島村俊和さんの作品と井上英子さんの作品です。

そして、最後にご紹介するのはこの「童展」を主催していらっしゃる井上清一さんの作品です。


これらの作品はまだほんの一部です。会場の作りもいいし、見応えのある作品が並んでいます。
最終日は18:00までです。仕事帰りに行かれるのでしたら29日(木)がチャンス、19:00まで開催中です。
是非是非神楽坂までお出掛け下さいませ。最終日は松本さんもいらっしゃいます。

 

以下は前回の記事です。

地下鉄東西線「神楽坂」駅の1番出口を出て左にぐるっと回ると赤城神社の鳥居が見えます。
せっかくなのでちょっと寄り道。

スフィンクスのような狛犬が可愛い。お洒落なカフェもありました。

赤城神社の鳥居の前を左に曲がり真っ直ぐ歩くとセッションハウスが見えてきます。

ギャラリーはビルの2階にあります。中の様子をちょっとだけご案内。絵画あり彫刻ありの展覧会です。

神楽坂には素敵なカフェやギャラリーもあり、そぞろ歩きも楽しいですよ。

童展は30日(金)迄です。最終日には松本さんも会場にいらっしゃるそうです。是非、お出掛け下さいませ。