青土社彫塑研究会 第6回彫刻展


9月26日(月)~10月2日(日)に京都の元立誠小学校 講堂で「青土社彫塑研究会 第6回彫刻展」が開催されました。お馴染み水嶋康宣さんが参加されました。

今回は魔女メグさんのレポートです。

ティファちゃんの道案内で、会場にたどりつきました。(えっ?ティファちゃんって日本に来てまだ1ヶ月
だったと思うんですが...)貫禄ある校舎だわ、入ると大正 昭和の誇りと、埃の匂いがします。
(うっ、そうきましたか)

奥の方、講堂で彫刻展でした。水嶋さんは案内のお仕事中。

水嶋さんの作品二点です。今回三点って聞いてましたが、二点でしたか?との質問に返ってきた言葉は、
あれ?、3点?、あ、ほんとだ!(作品目録を確認)あちゃ、こまった。

一点は今年5月~6月に開催された「Art Summit on the 御山 2nd」に出展された「インド風のトルソ」
です。

もう一点は「左手」。去年の「CAF.N びわこ展」では「右手」を出展されました。


そして、魔女メグさんが撮り忘れた作品がこちら。水嶋さんから送っていただきましたが、完成画像が
無い...ということで、ほぼ完成画像でお許し下さい。


以上が、今回の出品作品です。他に魔女メグさんが気になったという作品はこちら。

日本的な顔の作品が気になる自分にびっくりだったそうです。


さて、今回魔女メグさんは留学生のティファちゃんと一緒に行ったそうですが、ティファちゃんは現地に
いたモデルさんとすっかり意気投合。早速、カラオケに行く約束をしていたとか。
若いっていいですねぇ。 以上、魔女メグさんのレポートでした。

 

以下は、前回の記事です。

 

京都には「立誠学区」と呼ばれる地区があり、そのシンボル的な存在となっているのが元立誠小学校です。
「立誠学区」は河原町通りを中心として北は三条通、南は四条通、東は鴨川、西は寺町通りに囲まれた
区域で、幕末維新の舞台となった池田屋跡、海援隊屯所跡、土佐藩屋敷跡、坂本龍馬の暗殺された近江屋跡
などの史跡もこの中にあります。会場となる立誠小学校は平成4年に廃校となり、その講堂は現在自治会
行事やイベントに利用されているそうです。

今回水嶋さんは3点出展されるそうです。旧作とのことですが、どんな作品を出展されるのか楽しみです。
また10月1日(土) 11:00~14:30には水嶋さんも会場にいらっしゃるそうですよ。
水嶋さんに会えるチャンス!是非、お出掛け下さいませ。