新潟の美術家たち展 Ⅵ


9月19日(日)~24日(土) 東京銀座で「新潟の美術家たち展」が開催され、松本さんが参加されました。
会場の様子です。

松本さんの作品「荒波」です。迫力満点です。


松本さんは現在壁画を手掛けています。その習作として描いたのがこの「荒波」です。
中国の神話、天の四方の方角を司る霊獣をテーマとし、既に南の朱雀は完成しています(朱雀の壁画は
後日ゆっくりとご紹介しますね)。今回松本さんが選んだのは玄武、北方を守護する水の神です。
脚の長い亀に蛇が巻き付いている姿で描かれることが多いそうです。
松本さんは「亀」と「蛇」に「水」を絡めた形で作品を構想されていらっしゃるようです。
描かれる壁は長岡の「中之島美術館」のシャッターなんですって。なんと、美術館ですよ!凄いです。
           どうやら↓の白いシャッターに描かれるようです。(画像はGoogle mapより)


この中之島という場所は平成16年7月13日の新潟・福島豪雨で被害に遭った所で、水の神を描くことにも
何か意味があるような気がしているそうです。作品が完成したらまた改めてご紹介しますね。

さて「新潟の美術家たち展」他の作家さんの作品もご紹介しましょう。
会場にいらしていた金川真美子さんの作品です。とっても楽しい物語仕立ての作品です。
「みじかいへび」と題された作品はご自分で染めた布の上に切り絵を置いていらっしゃいます。
右下の作品、よ~く見ると長い蛇に相談しているみじかいへびが...そしてどこかにネズミも隠れて
いるんです。分かりますか?

カエルに引っ張ってもらっているみじかいへび、筆者のお気に入りです。

絵本になりそうな作品でした。さて、もうおひとかた長谷部昇さんの作品です。長谷部さんの抽象画は、
キャンパスに何層にも色を塗り重ねサンドペーパーで削っていらっしゃるそうです。とても骨の折れる
作業です。長谷部さんがこの「新潟の美術家たち展」を主催されたそうです。


松本さんと金川さん長谷部さんが写った写真がありました。


中身の濃いとてもいい展覧会でした。また来年も「新潟の美術家たち展 Ⅶ」が開催されることと思います。
今回見逃した方、松本さん参加の「童展」も開催中です。是非お出掛け下さいませ。