各地の美術館


日本各地で楽しい展覧会が開催されています。(筆者が独断と偏見で選んだ展覧会です)

【小樽】

北一ベネチア美術館「ゴッホ ガラスモザイク絵画展」~4月10日(月)
イタリア・ラヴェンナ市のモザイク専門工房に依頼し、1993年~95年にかけて制作された、美術館オリジ
ナルのコレクション展です。ヴェネツィアガラスのガラス片を何万個も使用し、ゴッホの作品をガラスの
モザイクで再現しています。収蔵品26点は色鮮やかでとても美しいと評判。会期が延長されました。

【東京】

パナソニック汐留ミュージアム「マティスとルオー展 ー手紙が明かす二人の秘密ー」~3月26日(日)
アンリ・マティスとジョルジュ・ルオーが、半世紀にわたって交わした手紙が日本語版書籍として刊行され
るそうです。その刊行記念となる展覧会で、二人が交わした言葉やエピソードを絵画作品とリンクさせて
二人の波乱万丈な人生をたどる展覧会です。パナソニック汐留ミュージアムはパナソニックのショールーム
があるビルの4階にあります。空いているので穴場です。
時々マニアックな展覧会をやっていて面白いですよ。ホームページ割引 引き換え券はこちら

国立西洋美術館 「日本・デンマーク外交関係樹立150周年記念 スケーエン:デンマークの芸術家村展」
        ~5月28日(日)
バルト海と北海にはさまれたユトランド半島の最北端に位置する芸術家村スケーエンで描かれたデンマーク
の近代美術を代表するスケーエン派の絵画59点を観る事が出来ます。国立西洋美術館の新館にて開催中。
入場料は430円です。
西洋美術館の本館では2月28日(火)から「シャセリオー展―19世紀フランス・ロマン主義の異才展」が
開催されます。

【愛知】

大一美術館「アール・デコ ガラス世界展」「現代ガラスの表現展」~4月9日(日)
札幌、東京とガラスの展覧会をご紹介してきましたが、名古屋でも素敵なガラス展が開催中です。
アール・デコのガラス展ではルネ・ラリックやエミール・ガレ等、アール・デコを代表する作家達の花瓶、
香水瓶、ランプ等の作品が並びます。現代ガラスの表現展では、日本人作家による現代ガラスアートを
堪能出来ます。

【京都】

アサヒビール大山崎山荘美術館
「ロベール・クートラス 僕は小さな黄金の手を探す」~3月12日(日)
パリ生まれの画家、ロベール・クートラスの初期油絵から制作風景が分かる資料など、未公開の作品も
多く展示されています。
(お庭もとっても素敵です。スケッチしている方が沢山いらっしゃいます。)

【兵庫】

姫路市立美術館「バロックの巨匠たち」~3月28日(火)
16世紀末から18世紀初頭にかけて描かれた西洋の多彩な様式の作品を「バロック」と捉え、4つのセクシ
ョン(イタリア絵画、オランダ絵画、フランドル絵画、ドイツ、フランス、スペイン絵画)、44点が展示
されています。レンブラント、ベラスケス、ルーベンス等の巨匠の作品をお楽しみ下さい。 

【福岡】

福岡市博物館「フィンランド・デザイン展」~3月20日(月)
フィンランド独立100周年を記念して、東京の「マリメッコ展」と時を同じくしてフィンランドのデザイン展
が開催されています。
ムーミンを生んだフィンランド、デザインの源は美しい自然とか。
独立以前の装飾芸術から100年のデザインの歴史をたどります。

 

休日は美術館へGO!