戦争と平和展


8月27日(日)~9月2日(金)まで「長岡市立中央図書館2階美術センター」にてギャラリー沙蔵の松本泰典
さん主催の「戦争と平和展」が開催されました。松本さんと恩師、那須先生の作品をご紹介します。

「戦争と平和展」は今年11回目を迎えたそうです。アーティストの視点から戦争と平和を表現した作品が
並んでいました。そして、それぞれのアーティストの戦争或いは平和についてのメッセージが作品と共に
展示されていました。松本さんの「戦争と平和」についての思いをご紹介します。(原文通り)

戦争と平和

① 戦争に何故負けたのか
② 戦争を何故始めたのか
③ 戦争を何故止められなかったのか

何故負けたのかを考えれば負けるリスクが減る
何故始めたのか考えなければ戦争がはじまるリスクは減らない。

反省と総括が必要。
誰がどの段階でどのような間違いをしたのか、突き止める必要がある。
突き止めたら次に同様なことが起こらないようにするため、
問題点を一つ一つなくすよう検証と改善をする必要がある。
一度問題が起きたシステムは問題の解決なしに動かしてはいけない。
人を引いてしまった車を原因の究明もなく修理もせず保険もかけず、
同じ運転手に運転を続けさせるようなものだ。
「敵がいる!負けないために武器を用意せよ。」と言う言葉に反対出来る人は少ない。
戦争に踏み切った経験のある我々は、始めた理由を考え、避けなければならない。
何故、戦争止む無しの声が広がり、
解決方法に戦闘行為を安易に利用するのか?
襲われる恐怖を利用すると、襲うものが出来る危険視が増す。

オバマ大統領が「核先制不使用政策」を検討、それに懸念をしめす人々、
選択肢を自分だけ減らしたことを宣言するのはリスキーかもしれない、
先制攻撃は有利だからハードルを高くしなければ選択してしまうリスクが上がる。
強いグループにいれば安心か?必要のない戦いへ参戦することを断れるのか?
負けるリスクの少ない戦争なら初めても良いのか?
負けないためにも始めない事の方が大事ではないだろうか。
自ら始めなければ負けるリスクが半分減る。
敵に備える必要もあるが、自分や仲間の暴走にも備えておく必要がある。
暴走が可能なシステムは改善する必要があるだろう。


松本さんの作品は2枚の板絵です。にこやかにほほ笑む方の絵は個展にも出展された松本さんのひいひい
お爺様、「Gallery沙蔵」の蔵を作った方。戦争で亡くなられました。左の絵はひいお爺様だそうです。
山本五十六と長岡中学(現高校)で同級生だったとか。昭和16年10月、戦争前にご病気で亡くなられたそう
です。個展の時に付けていたタイトルは「KONOHEIWAKOWASUNA」。松本さんの平和への思いがこもっ
た作品です。

松本さんと魔女メグさんの高校の恩師 那須髙明先生の作品はこちら。
展望1と展望2です。添えられていた言葉は「全身全力で平和を展望し続けたい」でした。

観ている私達にも戦争と平和について考える機会を与えてくれました。

展示されたのは下記の施設です。