スケッチブック展 in Kawasaki XIV 作品紹介


【その3 「スケッチブック展 楽描きの会」 関係者】

「スケッチブック展 楽描きの会」は4人の会員と2人のサポートスタッフで成り立っています。
その中でも重要な役割を担っているのがわっかさん。会計担当です。こんな素敵な絵を描かれます。


とっても丁寧に描き込まれています。

丁寧なわっかさんの作品の後にご紹介するのは非常に恥ずかしいのですが、ビクトリア滞在を蛇腹スケッチ
ブックにした広報担当、筆者の作品です。観にいらした方が筆者の作品とは知らず、「こうやって置くと
ぐるっと見れて楽しいわ」とおっしゃって置いて下さいました。


写真を入れたり、レシートを貼ったり...夏休みの宿題みたいになってしまいました。

さぁお待たせしました。ごろぉさんの作品です。誰かさんのハートに火をつけちゃったみたいです。

 

さすがの一言しかありません。人物をとっても建物をとってもどれも素晴らしいです。
ごろぉさんの絵が確立していますよね。手に取って観ていただきたい作品の数々でした。

以上で、Kawasaki XIVに出展した皆さんの作品紹介は終了です。次回川崎は12月を予定していますので、その時は是非会場にいらして皆さんの作品を手に取って観て下さいね。

 

【その2 ブロガーさん達】

今回はお馴染みの2名が参加して下さいました。

まずは薫子さんこと山本薫さん。毎回色々と工夫されています。
今回はなんといっても観に来て下さった方達絶賛のインクでかかれた音楽隊(?)。


楽しいですよね~。1ヶ所だけ赤を置いているのもきいてます。とってもお洒落な作品です。

その他にも小さなサボテンだけを描いたスケッチブックがあったりと毎回違うテーマで描いていらっしゃ
って、ただただ拍手です。

そして、作品の楽しさではこの方も負けてはいません。あいざわあいさんです。


あいざわあいさんの作品は描き方によってガラッと雰囲気が変わります。どれが本当のあいざわあいさん
なんだろうって、全てあいざわあいさんなんですけどねぇ。

いつものノートも出展して下さいました。あいざわあいさん進化中です。

今回、会員さんとしてではなくブロガーさんとして登場はdatian(田尾大知助)さんです。


手作りのスケッチブックの表紙も素敵です。

いつも白黒のイメージが強いdatianさん。今回は全て彩色したものをご紹介致します。
一味違ったdatianさんです。

以上、ブロガーさん達の作品の一部をご紹介致しました。

 

【その1 川崎の仲間達】

最初にご紹介するのは、川崎の小さな仲間達です。スケッチブック展に参加するのは1年半振りぐらいで
しょうか。凛乃(りんの)ちゃんは2年生になりました。凛乃ちゃんの描いたお地蔵さん癒されますね。
夏休み、箱根に行ったのかな?ロープーウェイも描いてくれました。

お兄ちゃんの旺悟(おうご)君は大胆な色使いの富士山です。迫力ありますよね。右の絵は陸前高田市の
動く七夕だそうです。

この二人のおじいちゃんがyukioさん。久々の登場で車を出して下さったりお世話になりました。
今回は小さいスケッチブックあり板絵ありの盛り沢山です。
可愛い付箋を発見!このスケッチブックはほぼ実物大です。


今回3枚の板絵を出展された内の1枚と森林公園を描いた新作です。本の挿絵になりそうな作品たちです。

次にご紹介するのはひげふじさん。ひげふじさんは切り絵作家さんでもあり、デジカメで写真を撮ったり、
絵を描いたりと第二の人生を謳歌していらっしゃいます。
今回目を惹いたのはこの作品。ひげふじさんはこの図案を切り絵にして楽しんでいらっしゃいます。


アップにするとこんな感じ。 そして切り絵でこんな作品が出来るんです。素敵ですよね。

左の絵は1976年、なんと40年前の作品。右の絵は今年の新作です。

川崎の仲間達最後の作品は、この人「風雨子さん」です。色々な所を旅しています。


風雨子さんの作品に添えられた一言も楽しいんです。お人柄が感じられますよね。

以上が今回参加して下さった川崎の方達の作品です。
「スケッチブック展 in KawasakiXIV」の様子はこちらをご覧下さい。