スケッチブック展 in Kawasaki XIV


【最終日】

8月28日(日)、最終日のスケッチブック展は台風の影響で曇り空。でもなんとか1日もってくれました。
お客様は少なめでしたが、絵が好きな方はいらっしゃいます。時間をかけてじっくり観て下さる方も
いらっしゃいました。


更に、参加者のお知り合いの方が差し入れを持ってきて下さり、スケッチブック展のことを宣伝して下さる
ってごろぉさんにとっては今後の宣伝活動にとっても頼もしい助っ人が現れたりもしました。続けていくと
色々嬉しい事もありますね。また、午後からのスケッチ会には川崎の仲間が集合してくれて和気藹々、
楽しいスケッチ会となりました。スケッチ会の様子はこちらをご覧下さい。

今回のスケッチブック展は他の会員さんの参加はありません(4月から毎月でしたからちょっと1回お休み)
でしたが、「スケッチブック展 楽描きの会」サポートスタッフのわっかさんと筆者が参加し、お馴染みの
ブロガーさんや川崎の方達の参加で個性あふれる展となりました。

参加して下さった皆様、森林公園まで足を運んで下さった皆様、ありがとうございました。
「スケッチブック展 楽描きの会」会員及びスタッフ一同、並びにスケッチブック展 ファンクラブより心か
ら御礼申し上げます。

皆さんの作品はこちらをご覧下さい。

 

【ふくさんの油絵】

恒例となったふくさんの油絵です。「尾崎漁港」と「服部川(山畑)」懐かしさを感じさせられる作品です。

川崎展は彫刻あり油絵あり、バラエティ豊かな作品が並んでいます。会期も残すところあと1日。
お天気がちょっと心配ですが、室内でゆっくり絵を見るのもいいものです。
28日(日)13時からはスケッチ会もあります。是非、東高根森林公園までお出掛け下さいませ。

 

【yukioさんのポスター】

今回、久々に登場のyukioさん。ご自身のお仕事に加えボランティアのお仕事等もされていて、色々と
お忙しい中、川崎市宮前区で開催された和太鼓の演奏(?)会のポスターに応募され採用されました。
それが左の作品です。パソコンで制作されたそうです。なかなか迫力あるでしょ。

うちわにもなりました。


yukioさんの作品と共に、会場でご覧になる事が出来ます。是非、実物を見にいらして下さいませ。

 

【この子を守ろう】


今回の金太郎さんの作品の題名です。梨の木を彫られました。
「種子を粉にしてはならない」というケーテ・コルヴィッツ(ドイツの版画家・彫刻家)の作品に感化されて
制作した作品だそうです。子供たちを守ろうという金太郎さんの思いがこもった作品です。


ティンカーベルが愛おしそうに胸に抱えているのは植物の芽です。ちょっと見にくいかもしれませんが、
上から見ると双葉が開いているのがご覧になれると思います。
金太郎さんの優しさに満ちた作品が今回のスケッチブック展で皆さんをお迎えします。
是非、森林公園まで足をお運び下さい。

 

【 搬入 】

今日、21日(日)は搬入日でした。川崎は前日の天気予報を裏切るいいお天気。幟旗もいい感じです。

でも、湿度が高くて作業中にも汗が流れます。
お手伝いに駆けつけて下さったのは風雨子さんと久々に登場のyukioさん。

パークセンターはオープンな場所なので、準備中にも観て行かれる人がいらっしゃいます。

さぁほとんど準備は整いました。今回も金太郎さんの彫刻がお出迎えです。

「スケッチブック展 in Kawasaki XIV」は明日22日(月)~28日(日)までです。
最終日は13時から恒例のスケッチ会があります。是非、森林公園に遊びにいらして下さい。
神奈川県立東高根森林公園へのアクセスはこちら