風の姿展


Tazumichiさんのブログでご本人の作品詳細が発表されました。
動画でのご紹介がありますので、涼やかな音色もお楽しみいただけます。
画像をクリックするとTazumichiさんのブログへGO!

 

他の皆さんの作品紹介はこちらから。

以下は、水嶋さんの作品のご紹介です。

水嶋さんから静止画像が届きました。ブログでのコメントも入れてご紹介しますね。
形態に彫刻的思い入れがあるのはこの作品だそうです。


上の発想でオーソドックスに作ってみたのはこちらの作品。


風鈴という概念から離れているけど音色が美しく澄んでいるのはこちらとのこと。


風鈴はやはり音が付いていないとその良さが半減してしまいますね。水嶋さんのブログでは京都北山の
谷あいに響く渓流とヒグラシの鳴き声をバックにして澄んだ風鈴の音を聞く事が可能です。
是非、お尋ね下さい...というよりも現地にいらして確認していただきたいです。

 

以下は前回の記事です。

8月11日(木)~15日(月)に香川県東かがわ市の讃州井筒屋敷の中庭に面した軒下...中庭に面した軒下っていうのがいいですね...で「風の姿展」が開催されます。
お馴染みの水嶋さんと物作りのブロガーさんTazumichiさんこと植本多寿美さんが参加されます。


風鈴という概念にとらわれることなく「風の力で動き音がするモノ」を作家さんたちが提案するそうです。

かつて、「風待ちの港町」として栄え、醤油と酒の醸造で財を成した佐野家の大商家屋敷が東かがわ市の
観光交流拠点施設「讃州井筒屋敷」として生まれ変わったそうです。
当時の暮らしぶりも分かるお屋敷の軒下に、8人の作家さんのどんな作品が並ぶのか興味津々です。
8月7日(日)には風鈴作りワークショップもありますよ。夏休み、お子さんとご一緒に如何ですか?