スケッチブック展 in 長岡 欅中居


【10月30日 最終日】

最終日のスケッチブック展はとても気持ちよく晴れました。欅もいい感じに色づいています。
金峯(きんぷ)神社はちょっと早目の七五三詣で賑わっていました。

スケッチブック展も賑わっています。お昼近くにはこんなに多くの方がいらっしゃいました。


作品の説明をする魔女メグさんです。

こちらは鈴木さん。次々にいらっしゃるお客様にお2人は喋りっぱなしでした。

 

また、今回のスケッチブック展は全部の作品を観て下さる方が多かったです。やはり座ってゆっくり観る
事が出来るからでしょうか?通りすがりの人ではなく観たいって思って来て下さった方達が多かったのも
一因かも知れません。

 

 


そして、今回の特別イベントとして鈴木利子さんがお茶を立てて下さいました。
古民家の御茶室でいただくお抹茶は特別に美味しかったです。
お茶を立てている鈴木さんと神妙にいただく魔女メグさんです。

古き良き物が並ぶ欅中居です。

昔懐かしい使い込んだ謄写版もありました。玄関には古い物に交じって松本さんの板絵も...

欅中居でのスケッチブック展無事終了致しました。現地まで来て下さった方々、ありがとうございました。
「スケッチブック展 楽描きの会」会員及びスタッフ一同、並びにスケッチブック展 ファンクラブより
心から御礼申し上げます。次回は12月「Gallery沙蔵」でお会いしましょう。

皆さんの作品はこちらでご覧になれます。

 

【10月29日】

朝から降っていた雨も上がって、「スケッチブック展」2日目の様子です。
今回の展示の様子とお客様です。入り口入ってすぐの部屋には主催者鈴木利子さんの作品と、魔女メグさん
の作品が並びます。

 

鈴木利子さんの作品は次の部屋にもありました。ご自身が説明なさっています。

続いてベベポポさんコーナーです。

 

ごろぉさんコーナーは床の間です。

 

松本さんコーナーはテーブルの上に。

 

わっかさんコーナーは明るい窓際に。

中国からの留学生ティファちゃんと筆者のコーナー。


今回のスケッチブック展、会員さん以外は現地に来られる人が参加の条件でしたが、ひとりだけ例外が..
5月まで神戸にホームステイしていたロリアンちゃんがフランスから特別参加です。
日本のアニメが大好きで神戸にやってきたロリアンちゃん。フランスでも描き続けてくれているんですね。
とっても嬉しいです。

 

2日目のスケッチブック展にも沢山の人達が来て下さいました。
次回更新では最終日の様子をお届け致しますね。

 

【10月28日】

始まりました「スケッチブック展 in 長岡 欅中居」。魔女メグさんから画像が届きました。
お馴染みの幟旗は神社の境内の電柱にくくり付け、欅中居の案内看板も立てました。

玄関でもしっかりアピールです。


お部屋の中はこんな感じ。ゆったりじっくり作品を観る事が出来そうですね。

下の作品は、今回初めての参加で主催者の鈴木利子さんが織ったそうです。とっても素敵ですね。


今日のお客様は鈴木さんのお知り合いの方が多くいらしたようです。


欅中居でやっているからこそ、いいのよねぇ...なんてご意見もいただいたそうです。
その通り!と魔女メグさんもおっしゃっていますよ。
明日は土曜日、一般のお客様も来て下さるといいですね。

取材の為、「スケッチブック展 in 長岡 欅中居」の次回の更新は30日(日)夜を予定しております。
お楽しみに...

 

以下は、前回までの記事です。

いよいよ28日から始まる「スケッチブック展 in 長岡 欅中居」初日は13時スタートです。
午前中の準備の為に、魔女メグさんは先程夜行バスで長岡に向かいました。
わっかさんからはこんな画像が届きました。


21日の新潟日報の「こしじウィークリー」と言うコーナーだそうです。毎週金曜日に県内のイベント等を
紹介しているコーナーだそうです。たくさんのお客様が来て下さるといいですね。
さぁ週末は長岡へ!欅中居へGO!

 

以下は、前々回までの記事です。

28日(金)から始まる「スケッチブック展 in 長岡 欅中居」、現地を見て来ました。
とても天気のいい日の朝、自転車に乗って欅中居へ。
地元の人達に「蔵王さま」と呼ばれている「金峯(きんぷ)神社」の鳥居をくぐった中に欅中居は建って
います。

ひときわ高い欅を左に曲がると、欅中居の看板が見えました。

中には入れませんでしたが、ぐるっと周りをまわってみました。
入り口にはいい感じの笠が...お庭も素敵です。

咲き終わった紫陽花にも風情がありました。ここは建物の裏側です。
敷地内に勝手に入りました。ごめんなさい。

こんな所でスケッチブック展が開催されます。

さて、せっかくですから、金峯神社にも行ってみましょう。   あらお堀があります。

長岡市の文化財「蔵王堂城址」でした。石の橋を渡ると、

毘沙門堂が見えます。

毘沙門堂の前に立つのは、安土桃山時代~江戸時代初期の武将、堀直奇(ほりなおより)の銅像です。
階段を上がる事が出来ます。

近くにこんな文化財がある欅中居です。
スケッチブック展を楽しみながら歴史にも触れる事が出来る。今回のスケッチブック展はいつもとちょっと
違った味わいのあるスケッチブック展になりそうです。
「スケッチブック展 in 長岡 欅中居」をどうぞお楽しみに...

是非、お出掛け下さいませ。

 

以下は、前回の記事です。

10月28日(金)~30日(日)に「スケッチブック展 in 長岡 欅中居」の開催が決定しました。
「欅中居(きょちゅうきょ)」は長岡市東蔵王にある古民家です。その名前は夏目漱石の娘婿さんが付けた
とか。
以前は民家だったのを家主の鈴木利子さん(今回の主催者/織物、コラージュ作家)が、ギャラリーとして
開放した築100年の建物です。

お茶室もあるし、鶴の恩返しに出て来そうな織り機もあります。

室内には古き良きものがいっぱい。織物に使用する糸も沢山!

鈴木さんの織物の作品ですが、残念ながらよく分かりません。でもきちんと分かる画像をご紹介出来る日も
そんなに遠くはないでしょう。


まさに、進化するスケッチブック展ですね。
そうそう、今回の主催者 鈴木利子さんは、魔女メグさんと松本さんの高校の大先輩です。
「スケッチブック展 in 長岡 欅中居」をどうぞお楽しみに...