スケッチブック展 in 東京 FIND 参加作品


【アロハシャツをデザインしよう】

アロハシャツのデザインには沢山の方々が参加して下さいました。全てご紹介しますね。

最年少参加者の「はるかちゃん(東京都北区)」は3才。絵よりもお外で走り回っているほうが良かった
みたいです。 「るいちゃん(東京都板橋区)」は4才。2本の色鉛筆を片手に持って、2本同時にが~っと
塗っていた大胆な作品。左右の色のバランスが絶妙です!

「しいなちゃん(東京都板橋区)」は5才。たこが可愛い! 「Masako.Tさん(東京都板橋区)」雨上がりの虹、
いいですねぇ。

「風雨子さん(神奈川県川崎市)」は故郷の海をイメージしたそうです。

「わっかさん(新潟県新発田市)」は大好きなサクランボとギンガムチェックですって。女の子に着せたい
ですね。コーヒー豆で書いたALOHAもいい感じ。

「YHさん(東京都板橋区)」のアロハシャツはとっても優しい色合いです。鳥の親子が微笑ましいですね。
「天晴(あっぱれ)さーやさん(神奈川県横浜市)」は社会人1年生。お金が貯まったらハワイに行ってのんびり
したいですって。頑張れ社会人1年生!

「kenkenさん(東京都板橋区)」はネットで調べてイメージを膨らませて下さったそうです。たどり着いた
のは青い海と虹です。とても綺麗な色合いです。「Ryu.Tさん(東京都板橋区)」は書道です。選んだ文字は
春夏秋冬、1年中着れるアロハシャツです。色が無いのも涼し気で新鮮ですね。
お2人は10月に絵画と書で「二人展」を開催されるそうです。とても楽しみです。

もうひと方、モノクロのアロハシャツをデザインして下さったのは「横川博子さん(東京都小平市)」です。色を付けたらハワイアンではなくアフリカンになっちゃったんですって。モノクロのままでも素敵です。

小さいお子さんもいらしていたので、横川さんの作品をコピーさせていただき急遽塗り絵コーナーを作り
ました。ちびっこ画伯達に色を付けてもらったのがこちらです。華やかです。

筆で遊んでくれたのは「あいざわあいさん(神奈川県鎌倉市)」わざと汚れた色を使って描いてくれたところ
が斬新です。対照的にキレイな色を使って描いてくれたのは「YUUKIさん(兵庫県三田市)」。保育園の保母
さんをしていらっしゃいます。魔女メグさんの英会話教室のお友達、ビクトリアにも行きました。

そして、YUUKIさん含めビクトリアの3人娘と言われていたのが下のお2人。「RISAさん(カナダ ビクト
リア)」 と「SAKIさん(カナダ ビクトリア)」です。RISAさんは幼稚園の先生。生徒さんの顔をイニシャル
入りで描いて下さいました。SAKIさんは明るく前向きな性格が分かる作品です。お2人とも海外にいるせい
か開放的な感じがします。

大人っぽいアロハシャツをデザインして下さったのは「トコさん(新潟県新発田市)」ハワイなんだけど
日本も入ってるアロハシャツです。アロハシャツは元々日本の着物から派生したんだそうです。

「fukoさん(兵庫県芦屋市)」のデザインはそのままシャツとして売っていそうです。「Yu-yaさん(東京都
板橋区)」はビールを飲んだゆる~い雰囲気を出したそうです。ゆる~い雰囲気出てますよね。

こちらのお2人は色鮮やかな花を描いて下さいました。「ロリアンさん(フランス ブルターニュ)」と
「わたなべ・えいいちさん(大阪府高槻市)」です。ロリアンさんは日本の花を描いて下さいました。
えいいちさんのアロハシャツは下のグリーンが生きてますね。

「猫林陽子さん(新潟県長岡市)」はハワイアンで連想する絵とは違ったスッキリしたアロハシャツです。
月がいいって観に来た方が言ってらっしゃいましたよ。

今回Web参加して下さったのは「さいこ姫さん(香川県高松市)」。パソコンで作成です。
とっても楽しいですよね。
お釈迦さまもきっとハワイでのんびりしたいと思っているに違いないと思います。

もうひと方、Web参加の「Pakuさん(福岡県福岡市)」はいつもアロハシャツを着ていらっしゃいます。
ご自分が着られるような渋いシャツをデザインされるかと思ったら、こんなに可愛いシャツをデザインし
て下さいました。そして、最後は筆者(東京都板橋区)のアロハシャツです。もともとハワイアンで連想する
絵でLeiを描いたのですが、細すぎてだめだなと思って、切り取ってシャツに貼り付たら何とか形になりま
した。

アロハシャツのデザインは全部で30作品です。縦3列、横10列に展示させていただきました。
ギャラリーの壁にぴったりはまりました。


次回は、スケッチブック参加者の作品をご紹介しますね。

 

【特別参加作品】

カービングおじさんことビクトリアのダニエルさんの作品です。
ダニエルさんの作品はギャラリーに入ってすぐの窓際に展示させていただきました。

「スケッチブック展 in 東京 FIND」を英語表記にして東京だけ漢字で描いていただきました。
下書き無しのフリーハンド、裏の絵も素敵でしょ。太陽の贈り物です。いい記念になりました。

 

【ハワイアンで連想する絵】

今回、こんなタイトルで絵を募集しましたが、「ハワイに行ったことがないからイメージが湧かない」と
いうお言葉をいっぱい頂戴しました。筆者は夏が大好きでハワイ大好きなので、ハワイアンと言えば当然
皆さんイメージが湧くものと勝手に考えていました。ごめんなさい、反省してます。
それでも数名の方が描いて下さいました。その作品をご紹介します。

ダニエルさんの作品と並んで展示させていただいたのは「yoさん(宮崎県宮崎市)」の油絵です。
yoさんにはしつこいぐらいアプローチして描いていただきました。ベランダのブーゲンビリアだそうです。
とっても素敵!

次の作品は先週の「今週の1枚」でご紹介した「CHAMPさん(東京都北区)」の作品。
今週の1枚ではご紹介出来ませんでしたが、サインもお洒落です。

あんカフェ・オープンアトリエではIさんでお馴染みの「fukoさん(兵庫県芦屋市)」とお孫さんの「ちかちゃん 4才(埼玉県さいたま市)」、「マイ ウクレレ」と「赤い花の髪飾りを付けたママ」です。
ちかちゃん、ハワイアンを連想してくれてありがとう。

川崎のスケッチブック展では常連さんとなった「さとーよーこさん(神奈川県川崎市)」ハワイではなく
石垣島の海だそうですが、ハワイって言っても分かりませんよね。山の絵が多いさとーよーこさんの絵の
中では貴重な作品です。

スケッチブック展の金庫番「わっかさん(新潟県新発田市)」も描いて下さいました。足がいいですねぇ。
とってもきれいな水彩画なんですが、写真で上手く色が出せませんでした。ごめんなさい。

下の楽しい絵を描いて下さったのは、搬入搬出のお手伝いするためにわざわざ新潟から出てきて下さった
「猫林陽子さん(新潟県長岡市)」。ハワイに行きたくなります。ありがとうございました。

最後にイメージだけはいっぱい湧いていたのに画力が伴わなかった筆者(東京都板橋区)の絵です。
情けない...

以上が、ハワイアンで連想する絵に集まった作品です。展示と当日の様子はこちらをご覧下さい。スケッチブックの作品はこちら。会員さんの作品はこちらをご覧下さい。