ビクトリア その3 ソルトスプリング島


バンクーバーとバンクーバー島の間の島々の中で最も有名な島が「ソルトスプリング島」です。
「アーティストの島」としても知られ数多くのギャラリーや工房が点在しています。
また「妖精のいる島」「スピリチュアルな島」とも言われ神秘的な要素もたっぷりな魅力的な島です。
筆者がビクトリアに行くことになってから色々調べ、この島だけは絶対外せないと魔女メグさんにお願い
して、あわやバンクーバーに行きそうになりながらも(このエピソードは魔女メグさんのブログで)無事
フェリーに乗り込みソルトスプリング島に向かったのです。

朝方は黒い雲が覆っていた空も、段々と青空が広がってきました。

フェリーに乗っている時間は約30分。皆さん行き慣れているのか車に乗ったままです。デッキに出ていた
のは私たちと犬を連れていた方だけでした。気持ちのいい風に吹かれて、いよいよ島に到着です。

色合いがとってもいいでしょう。さすがアーティストの島です。↑のコンビニの様なお店でコーヒーを
買うため、魔女メグさんがパンパンに膨れたお財布からジャラジャラと小銭をレジのテーブルに広げると、
お店の可愛いお姉さんが嫌な顔もせず小さいコインから選んで清算してくれました。カナダ人優しい!

フェリーの船着き場から歩いてすぐの所にギャラリーを見つけました。早速、扉を開けてみると、素敵な男性が迎えてくれました。「STUDIO 2901」のRichard Yorkさんです。

版画家のリチャードさんの作品が所狭しと展示されていました。落ち着いた色合いの作品が並びます。
私たちが日本から来たというとリチャードさんがお持ちになられている日本画のコレクションを何枚か
見せて下さいました。その中で面白かったのがこの絵です。飛騨高山の絵。

 

リチャードさんのお気に入りは左↓の部分。馬に荷物を載せる人がユーモラスに描かれています。そして
よく見ると右の女の子帽子をかぶってる!この時代に帽子はなかったよねぇなんて話になりました。
帰国してから絵の作者「圓満」を調べてみましたがヒットしませんでした。誰がいつ描いたのかは不明です
が、とても楽しい絵ではあります。そんな日本の絵を大切に持っていて下さる事に私たちは感動しました。

魔女メグさんの話を真剣に聞いて下さるリチャードさんです。とても楽しい時を過ごしました。


リチャードさんにガンジス(GANGES)という町のツーリストインフォメーションセンターに行くとギャラリーの地図をもらえると教えてもらい、ソルトスプリング島唯一の大きな(?)町ガンジスに向かいます。
15分も走ったでしょうか、ガンジスに到着しました。

お土産物屋さんが並びます。ツーリストインフォメーションセンター発見↓。

こんな地図をもらいました。


このガンジスの町の中にもギャラリーがいっぱい。現代美術の展示が多かったです。
可愛い鳥の巣箱もありました。

海が見えるレストランです。

ここもギャラリーです。木工芸の家具なども並んでいました。

こちらは小学校の校庭。柵もアートしてます。

↓のギャラリーも素敵でした。貝で作った素敵なペンダントもありました。

晴れていたと思ったらいきなりの雨。ちょうどお昼時だったので、ランチを食べる事になりました。
とても賑わっているお店がありました。きっと美味しいに違いないと入ってみる事にしました。
Tree House Cafe」です。
「あれ魔女メグさんビールですか?」「飲まないの?」「運転手なんですけど...」

メキシコ料理をジャスミンティーで美味しくいただきました。

食べているうちに雨は上がり、こんなに綺麗な青空が広がりました。雲がとってもキレイ!

さぁスケッチブック展です。そこそこ人通りがありお巡りさんが来そうもないところ。(別に悪い事をして
る訳ではないのですが...スケッチブック展の様子はこちらをご覧下さい。)


スケッチブック展の後は、夕方のフェリーに乗る為フェリー乗り場の方に向かいます。ラベンダー畑がある
らしいという情報の元、飲み物のスタンドにいたお兄さんに聞きます。「ラベンダー畑はどこ?」と聞く
魔女メグさん。通じません。たまたまそこに咲いていたラベンダーを指さして「ディスフラワー」と言う
と「オー!ラ~ヴェンダ~」と言われました。「ラベンダー」と「ラ~ヴェンダ~」の違い分かりますか?

ここでまた道に迷います。そんなに難しい道ではないはずなのに...迷っているうちに森の中に佇む
ギャラリーを見つけました。「The Point Gallery」です。門が閉まっていますが鍵はかかっていません。
「これは鹿よけよ~」という魔女メグさん。開けて入ってみました。
建物の中からショートカットのスラリと背の高い女性が怪訝そうな顔をして出て来ました。
今日は休みなので週末に来れるか?と聞かれます。「No!」と答えると一瞬考えてから「OK!」と言って
見せていただけることになりました。

帰国してから写真を見ると「CLOSED」って書いてあるじゃないですか。全く気が付きませんでした。


でも、気付かなかったおかげで、とっても楽しい時を過ごすことが出来ました。案内して下さった女性は、Hélène Day Fraserさん。ギャラリーオーナーの娘さんです。
エレーヌさんはエミリー・カー大学のデザイン関係の学部の准教授。繊維製品の可能性とアートとデザイン
のコラボレーションを研究していらっしゃるようです。すごい方に案内していただきました。
工房の中には3Dプリンターがあるかと思えば、ある年齢以上の方にはとっても懐かしいシンガーのミシンが...このミシンはエレーヌさんの御祖母さんの物で大切に箱に保管されていました。魔女メグさんも
筆者も見るもの聞くもの大興奮です。

エレーヌさんの説明にも熱が帯びてきます。ギャラリーでは1枚の布を使ってスカートにしたり上着に
したり、実演して下さいました。ギャラリーの赤い壁もとってもお洒落です。

魔女メグさんは遂に作品を着てしまいます。


最後にはスケッチブック展のチラシを出して宣伝。アドレスを交換し記念撮影です。楽しそう!

道に迷ったおかげで素敵な方に出会えました。エミリー・カー大学でエレーヌさんが手掛けているサイト
です。
夕方になりました。フェリー乗り場に戻ります。途中、可愛い教会があったので写真をとって、フェリー
乗り場の周りを散策しました。

ソルトスプリング島、本当に素晴らしいところでした。以上で、ビクトリア滞在記は終了です。
最後まで読んで下さってありがとうございました。

「ビクトリア その1 空港とブッチャートガーデン」はこちら
「ビクトリア その2 ダウンタウン」はこちら