第五回姫路城現代美術ビエンナーレ


7月14日(木)からイーグレひめじで、「第五回姫路城現代美術ビエンナーレ」が開催されます。
東香川市に続いて今度は姫路市で水嶋さんの作品を観る事が出来ます。

水嶋さんの作品はこちら
「アリコ ~ズジスワフ・ベクシンスキーに捧ぐ~
 Mrs. Ariko -To the memory of Zdzisław Beksiński」です。


ズジスワフ・ベクシンスキーはポーランドの画家で、
その作品は、死、絶望、破損、廃退、廃墟、終焉などが描かれ、それは不気味さや残酷さと同時に荘厳な
美しさを感じさせる。独特の世界観から多くの支持を得た画家である。(ウィキペディアより)

水嶋さんの作品は、「3回見たら死ぬ絵」をヒントにされたようです。べクシンスキーは絵に題名を付ける
ことはしなかったそうですが、いつしかこんな呼び方をされるようになってしまったとか...。
正面からの画像もご覧下さい。


作品の内側からにじみ出てくるもの、感じる事が出来るでしょうか。ベクシンスキーの作品に思いをはせ
ながら、是非実物を観にいらして下さい。7月14日(木)~7月24日(日)までです。

さて、折角ですから世界遺産「姫路城」もちょっとだけご紹介しますね。

皆さんご存知とは思いますが、姫路城は別名「白鷺城」とも呼ばれる江戸時代初期に建てられたとても
美しいお城です。


400年も前に木造建築でこんなにりっぱなお城が建てられたなんて日本人ってすごいと思ってしまいます。
そんなお城の城内も素晴らしいのですが、筆者のお気に入りは狭間と呼ばれる壁面、塀などに開けてある
防御用の穴や窓。戦闘の際はそこから弓矢や鉄砲などで攻撃したそうで、外側になるほど狭くなっており、
内側にいる射ち手からは動きやすく、敵からは狙いづらい造りとなっているそうです。


「好古園」と呼ばれる日本庭園があったり、(訪問時が春先だったので、梅が咲いていました)

お茶室「双樹庵」ではお点前を見せていただくことも...

そんな見どころたっぷりの姫路城の目と鼻の先にある「イーグレひめじ」で開催の「姫路城現代美術
ビエンナーレ2016展」へ是非お出掛け下さいませ。

 

イーグレひめじはJR姫路駅から600mです。姫路城観光と絡めて是非お出掛け下さいませ。