ビクトリア その2 ダウンタウン


今回はビクトリアのダウンタウンをご紹介しますが、その前にマシュー君のシェアハウスのご紹介を...
マシュー君のシェアハウスは木造2階建て、1Fが中地下室のようになっていて、ガレージの奥から借家人が
出入り出来るようになっています。現在カナダ人の男性3名(1名しかお会い出来ませんでした)と魔女メグ
さんも含めて日本人の女性3名、そしてマシュー君とRISAちゃんの計8名が暮らしています。

日本人の女性のひとりは魔女メグさんのブログにも度々登場するSAKIちゃん、まだ半年だそうですが、
しっかり働いています。もうひとりはCHIKAちゃん。大学を出てから青年海外協力隊でネパール(だった
かしら、ごめんなさい。よく覚えていません。)に行っていて、今は3ヶ月だけビクトリアに滞在してると
か..(水曜の夜にバスケのスコアラーのバイトをしてると言ってた事しかはっきり覚えてないです。)
彼女たちに魔女メグさんは普通に「ママ」と呼ばれていました。ここにYUKIちゃんも加わってシェアハウ
スは日本人女性の笑い声が絶えません。こちらは2階のダイニングから外を撮った写真です。よく映画や
ドラマに出てくるアメリカの郊外の住宅地って感じの所でした。ボートを持っているお宅も多かったです。

魔女メグさんのブログで出てきた道は自転車道路。ものすごい田舎かと思いきや外側にはハイウェイが
走っています。

この自転車道を散歩しながらブラックベリーの実を見つけたり、リンゴを見つけたりしているんです。

電柱の張り紙は日本と同じ。             こちらはポスト。

こんな可愛い家が売りに出ていました。右下の青い花は紫陽花。いたるところで見かけましたが、日本より
淡い色が多かったように思います。ガクアジサイは見かけなかったです。

こんな素敵な所に魔女メグさんは滞在しています。散歩はこのぐらいにして、ダウンタウンに行ってみま
しょうか。ダウンタウンへはハイウェイを南に真っ直ぐ行けばたどり着きます。迷わず行けました。
駐車場に車を止めてここからは歩きます。歩きながら下を向くと、縁石もカナダしてました。

可愛いレストランにホテルです。

海に出ました。ここからホエールウォッチングの船も出ます。右は海のタクシーです。

ここは観光客がいっぱい。大道芸人も出ています。右下の写真の右側の方に階段が見えますか?
ここでお巡りさんの目を盗んで第一回のスケッチブック展を開催したんです。

お金を入れるとアコーディオンを演奏するおじさん。原住民のダンスも見る事が出来ました。

海からちょっと離れて街中を歩きます。パトカーに消防車です。消防車は黄色でした。

2階建てのロンドンバスに州議事堂です。

アフタヌーンティが楽しめるお店にタトゥーショップも。

アンティークのお店が並ぶ通りもありました。

何故か歯医者さんをよく見かけました。この通りを真っ直ぐ行くと、「クレイグダロック城」の標識が。

このお城は1887年に炭鉱を掘り当てて材を成したロバート・ダンズミュアー氏の大邸宅だったところ
です。現在は歴史博物館協会が所有しているそうです。右の機械で靴の泥を落として入ります。

内部もとってもゴージャス。

この時代に望遠鏡までお持ちになっていらっしゃいました。右側のピアノは1879年製で、ダンズミュアー
家の所蔵品ではないそうですが、一般開放してスキルのある人なら弾いていいそうです。
この方は「エリーゼのために」を弾いていらっしゃいました。

とってもキュートなお姫様の写真とお城の尖塔からの眺望です。素晴らしかった!

ここで余談ですが、このお城に住む前にダンズミュアー氏が住んでいた「ハトレー・パーク&ミュージアム
」というところが郊外にあります。YUKIちゃんを空港に迎えに行く日の午前中、時間があるので魔女メグ
さんナビで行ってみようということになり、ハトレーに向かいましたが、15分位で行ける予定がどこでど
う間違ったか1時間位走っても行きつけません。元に戻って再出発、見つけました「ハトレー」の文字。


駐車場もあるし、「ここ、ここ」といそいそと車を止めて歩いて行くと「ん?なんか違う」よく見ると
「メモリアルパーク」って書いてある...公園墓地でした。帰宅してからRISAちゃんに「午前中は
何処に行ったんですか~?」と明るく聞かれて「お墓...」と答える魔女メグさんでした。

ダウンタウンに話を戻して、かなり歩いてお腹がすいたので、サブウェイに入りました。
スイカのジュースが美味しかった。

アートしている建物を見て、この時魔女メグさんお気に入りの画材屋さんを見つけたんです。

そして、こちらは世界中何処に行っても必ずある中華街。

魔女メグさんNEWS!でもご紹介したRISAちゃんお勧めのアフタヌーンティのお店も中華街の中です。

内装もとてもかわいらしかったです。女の子には人気です。

ダウンタウンを歩いた後は、スーパーに寄って帰ります。

白菜みたいなキャベツや干した大根みたいな人参がありました。どんな味がするのか興味津々。
短い旅では味見することは叶いませんでしたが...

こんなところで、ダウンタウンとマシュー君のシェアハウスのご紹介は終了です。

「ビクトリア その3 ソルトスプリング島」はこちら