ビクトリア その1 空港とブッチャートガーデン


6月5日から魔女メグさんはカナダのビクトリアに滞在しています。魔女メグさんのブログを毎日見て
いらっしゃる方ならお分かりになるかと思いますが、何故ビクトリア?時々登場するマシュー君や日本人
3人娘は誰?とお思いになっていらっしゃる方も多いのでは...ここでおさらいしましょう。

話は8年前に遡ります。Matthew Russellというカナダ人の青年が魔女メグさんの神戸の家にホームステイ
しました。そのマシュー君が昨年8月RISAちゃんという日本人の女性を連れて魔女メグさんの所に帰って
来ました。なんでもカナダのビクトリアというところに家を買いシェアハウスを経営してるとか...
そこで魔女メグさんの目はキラリと光りました。すかさず出た言葉は「私の部屋ある?」だったそうです。
そして、魔女メグさんの1ヶ月のビクトリア生活が決まったのです。「ビクトリアでスケッチブック展
するわ」と言う魔女メグさんの話を聞いて筆者の目もキラリと光りました。「取材に行きます」ってただ
カナダに遊びに行きたかっただけだろう...と言われても否定は出来ません。更にもう一人目がキラリと
光った人がいます。魔女メグさんの英会話教室のお友達YUKIちゃんです。ということで魔女メグさんの
元に筆者とYUKIちゃんが追いかけて行ったのです。

前置きはこのぐらいにして、ビクトリアはバンクーバーから飛行機で30分位の所に位置します。
こんな小さなプロペラ機で向かいます。座席は13列しかありませんでした。

こちらがビクトリア空港、一応国際空港です。アメリカまで30分で行けますが、国際線には変わりあり
ません。右側の扉が到着ロビーに面しています。この柵の手前で魔女メグさんは待っていてくれました。
飛行機が到着してから5分で出てきたとびっくりしていましたが...

通路にはビクトリア在住作家のアートギャラリーがあり、天井もアートしていました。

こちらは「Tim Hortons」カナダのドーナツ屋さんです。左隣はスタバでしたが、圧倒的に皆さんTim
Hortonsに並んでいました。愛国心あるなぁ。


空港でレンタカーを借りて、いざ出発。珍道中の始まりでした。ナンバーにはBeautifulの文字が。


空港から近くにあるのがビクトリアで一番有名な観光地、ブッチャートガーデンです。
お値段はこの季節ちょっと高めの33.71CAD(1CADは90円位)。年間パスポートを購入すると2回行けば
元が取れるそうです。途中抜けてもチケットがあれば再入場可能です。

 

幻のブルーポピー(ヒマラヤの青いけしの花)も咲いていました。初めて見ました。魔女メグさん曰く、
六甲の植物園でも群生はしていないそうです。

鳥居の中は日本庭園なんですが、中の写真が1枚もありません。何処にでもありそうな日本庭園だったの
で、撮ろうという気が起きなかったんだと思います。ごめんなさい。

こちらはイタリア庭園です。左右対称の整然とした庭園です。

イノシシの鼻はピカピカ、触るとご利益があるのかなぁと取り敢えず触ってきました。

ここはサンクンガーデン。ブッチャートガーデンの紹介の画像としてに必ず出てくる場所です。
奥には高さ21mにまで吹き上げられる噴水がありました。

下のレストランではアフタヌーンティーが楽しめます。お値段は34.75CAD。さすが観光地です。
右下はゴミ箱です。ゴミ箱の上にまで花を植えるっていいですねぇ。

 

この庭園の一角でスケッチ会。贅沢な時間を持ちました。
魔女メグさんは先日お伝えした女の子の後にソフトクリームを食べていたおば様たちをスケッチです。
名前を書いてもらっています。左の方がテレサさん、右の方はジューンさんです。アメリカ人でした。

ブッチャートガーデンとても素敵な庭園でした。

「ビクトリア その2 ダウンタウン」はこちら