魔女メグさん NEWS !


【7月5日】

いよいよ魔女メグさん、最後の話題となりました。最後はやはりご飯ネタでした。

午後は、パンとピザ作り。パンは、カスタードクリームと林檎の甘煮を巻いて、輪切りにして並べて
焼いたわ。ハムとチーズバージョンもね。

ピザは好きなトッピングをてんこ盛りマシュウは目一杯食べて、お腹いっぱいよ。
その上、こんな大きな林檎のパイをデザートです。

魔女の体重が重くなりすぎたので、箒でなく飛行機で帰ります。

ということで、魔女メグさんは明日帰国します。
毎日のように「魔女メグさんNEWS!」を見て下さってありがとうございました。
明日からは通常更新に戻ります。「ビクトリア その3 ソルトスプリング島」は10日(日)に更新予定です。

 

【7月4日】

昨日のお城の続きです。

お城から見たラグーン。細く長く、天橋立かしら? ラグーンにあったモニュメントにはROYARE
RODOSって書いてあるわ。

お城に向かって水はラグーンに挟まれるから、池みたいです、カナダグースがいっぱいいて、
エサをあげる人をパチリ。

海に向かっては、家族で遊ぶ人や、カヌーかなあ、点検してる人がいたわ。水も綺麗ね。

魔女メグさん、カナダで過ごす最後の週末も楽しくすごされたようです。

さて、今日はもうひとつニュースが...今朝早くビクトリアからこのホームページ宛に英語のメールが
届きました。
なんだろうと思って読むと、数日前に魔女メグさんの絵のモデルになった方からで、絵が素晴らしかった
のでもう一度見たい。絵のコピーが手に入らないか?という問い合わせでした。
早速、メールを魔女メグさんに転送して連絡してもらうことになりました。
凄い事ですよね。魔女メグさん遂にインターナショナルになりました。

ちなみに英語版のチラシでは、魔女メグさんの表記を「Witch Meg」(魔女メグ)としています。
これを見て「Witch~?!」と言って目を丸くしているカナダ人がいました。
魔女メグさんは涼しい顔で「イエ~ス! スリーハンドレッド○○イヤーズオールド」と答えていらっ
しゃいました。英語がペラペラな訳ではないのに、しっかり笑いを取っていて魔女メグさんの話術も魔法
から生まれているんでしょうか?魔女恐るべしのエピソードでした。

 

【7月3日】

魔女メグさんからこんなメールが...

今日は、二人で行けず仕舞いだったお城へ(このお話は、ビクトリア その2をご覧下さいね)、マシューと
リサとちかちゃんとで、行ったの。三人の後からパチリ、お城が小さく見えるでしょう。


「ハトレー・パーク&ミュージアム」です。

結婚式で中へは入れませんでしたが、、、良かったよ。魔女メグさん、無事行けて良かったですね。
行きたかったな...

【7月2日】

今回も師匠のお話...びっくりしましたが、師匠はアーティストだったんです。師匠の作品ですって。

水彩ね。storyも書いてるって、私が死んだら、子供達が初めて読むと言ってた。


やっぱり師匠は只者ではなかったようです。類は友を呼ぶってことかしら?
最後に40歳の時の師匠と娘さんですって、良く似てます。師匠ともあと数日でお別れ..寂しいですね。

 

【7月1日】

師匠と行ったオークベイ、まだまだ続きます。オークベイのヨットハーバーです。
カナダと言うと山、森、湖を連想しますが、ここはバンクーバー島、島ですから当然海があります。
とても美しい所ですね。

ヨットハーバーに居るの、せいうちじゃなくて、アザラシ? 師匠に似てる(o。o;)

魚の秤よね、大きい!


そして、海を見ながら一休み。ここもボードウォークです。木が豊富なんでしょうね。とっても贅沢です。


師匠との楽しい1日はこれにて終了です。

 

【6月30日】

昨日の話の続き。魔女メグさんと師匠はオークベイに向かって高級住宅街を抜けてひた走ります。

海に到着しました。たまたまベンチに居合わせた男性。魔女2人につかまっちゃったらしいです。

捕まったのは、デニスさん。描いた団扇を師匠にプレゼントした時は、しらんぷりしてるわ。


でも、次は、絵を持たされています。
私が描いた絵は船乗りに見えると言ったら、始めセーラーと言うの。当たりね
デニスさん、いい笑顔で写ってますね。ホントに船乗りみたいだわ。


描くは写真撮るは、師匠は生きかたを二人で語っていたと思います。1/10しか聞き取れませんが。
いえいえ魔女メグさん1/10で十分です。1日中英語だけの世界にいたら相当疲れると思いますが、
すっかり楽しんじゃってますからさすがです。魔女メグさんの人を引きつける力は世界中どこに行っても
変わりません。師匠やデニスさんも楽しんでくれたことと思います。

 

【6月29日】

カナダの魔女「師匠」との約束。花の綺麗なガーデンに行ったそうです。高級住宅街だそうですよ。
おぉ師匠は車を運転するんですね。日本の魔女は箒だけって言ってましたが...


師匠につれられて、ガバメントハウスへ行き、描いてティールームでお茶。ガバメントハウスの画像が
無いって上記のURLを↑貼り付けてきました。さすが魔女メグさん魔法を使いましたね。

魔女メグさんが描いた師匠と
師匠が描いた魔女メグさんです。師匠は初めて描いたそうですよ。


師匠にも描かせちゃうなんてさすが魔女メグさんですね。


この後は、景色のきれいなオークベイに向かったそうです。

 

【6月28日】

今日は、魔女メグさんがカナダの魔女に会ったお話から...26日にお伝えしたサタデーマーケットの
ミニライヴ会場で出会った電動車椅子のおばちゃま。

インナハーバーにアーティストの友達が居るから、一緒に行こう、てな具合で、移動です。
描いた絵を売っていたオバチャマ。描きつつまたまたお喋り、アハハ。明日も、会うの。11時の約束。

そして、昨日11時にめちゃ美味しいフレバー珈琲をいれて持ってきてくれたんだそうです。
そのおばちゃまがこちら。ねっ魔女の風格あるでしょう。
SAKIちゃんに「魔女の師匠みたい」と言われたそうです。カナダにも魔女はいたんですねぇ。


師匠とはまた明日10時の約束をしたそうです。明日は花の綺麗なガーデンを案内してくれるとの事。
ついでに無料ライヴをやってる場所を教えてもらい、午後はひとりで行ってみたそうです。
その近くにお気に入りの場所を見つけ、居座ったとの事。それがここです。
ボードウォークがいい感じ。魔女メグさんひとりでしっかり楽しんでます。

 

【6月26日】

今日はDanielさんとソルトスプリング島に行くって言っていた魔女メグさんからレポートが...

8時にインナハーバーで待ち合わせ、Daniel Thompsonさんは待っていました。
何も持っていないの?!?
今日は、天気が良いから、ソルトスプリングへは行かないってΣ( ̄ロ ̄lll)
そう、今が稼ぎ時なのね、お日様がニッコリの日は、カービングして、稼がなくちゃo(^-^)o

それで、南へ歩いて海岸までいきました。
流木がいっぱい! ここでDaniel Thompsonは小さな木々れ探すの。彼の仕事用ね。
お茶目なDaniel も一枚!

海岸では流木をひろい、石を集めました。
自然の中はいいね、Daniel さんも海の音が好きだそうです。
打ち上げられた、くらげや海藻が面白いわ。
Daniel Thompsonは沢山木々れを拾ったのに手ぶら???
皆、ズボンのポケットに納まったらしい、やせっぽちねーDaniel さん。

打ち上げられたクラゲを見るのは初めてです。すごいな~クラゲだ~って感じですね。


海岸から帰り道、サタデイマーケットをやってたわ。行く途中に見かけていたの。
ここでDaniel Thompsonさんとバイバイ。テントの下でミニライヴです。
椅子に陣取って、描きました。


この後、魔女メグさんはマーケットから5分の歩道で第3回のスケッチブック展を開催したそうです。
元々ソルトスプリング島で再度スケッチブック展をしようと準備していたので急遽場所を変えて開催です。この様子は後日改めてお伝えしますね。お楽しみに...

 

【6月25日】

今日は、ダウンタウンでアフタヌーンティー。RISAちゃんお勧めのチャイナタウンのお店です。


美味しそうですねぇ。魔女メグさん食べてばっかりで間違いなく太って帰国ですね。

 

【6月24日】

魔女メグさんにはお気に入りの画材屋さんがあります。ダウンタウンの「IslandBlue」。


このお店で偶然に見つけたのがこの本。蛇腹スケッチブックの本です。

この本を見つけた魔女メグさんは大興奮!500もの蛇腹スケッチブックのアイディアがぎっしりつまって
います。来年の蛇腹スケッチブック展に向けて新たな展開がありそうですよ。また楽しみが増えましたね。

6月5日~6月23日のNEWSはこちらをご覧下さい。