魔女 御堂筋を歩く 2016-2


「大阪御堂筋アート」暫くはショーウィンドーが続きます。
作品の良さが写真では上手く伝わってこないですね。やはり実際に歩いて観ていただきたいなぁ。


左下の作品は建物によく合っていたように思います。御堂筋野村ビルです。外からのみの鑑賞です。

↑土曜日だったので中に入れずこんな写真になってしまい作者に申し訳なかったです。

外からの写真ばかりが続いてフラストレーションが溜まってきた頃、御霊神社に到着です。
やっと戸外で写真が撮れました。
ここの狛犬は元和年間(1615年~1624年)の物だそうです。青銅製とのこと。
「この狛犬ちょっと変わってるわ」と気付いたのは魔女メグさん。さすがお目が高いです。

展示されていたのは、下記2点。こちらも神社の雰囲気にマッチしていました。

ここまで結構歩いてきて「甘い物が食べたいわねぇ」と魔女メグさん。
目ざとく御霊神社の前で和菓子屋さんを発見します。「髙山堂」さん、明治20年開業の老舗です。
阪神方面に10店舗あるそうです。店内でお茶と和菓子をいただく事が可能。
小さなお店ですが、イケメンの店員さんが話す関西弁もとてもいい感じ。


まずは笹の葉にくるまれた水大福をいただきます。黒豆のお茶は無料でしたよ。イートインコーナーも
素敵でしょ。思わず長居しちゃいそうです。

とても美味しかったので、「もっと食べたいわねぇ」と結局あと2種類のお菓子を2人で半分ずついただき
ました。ちゃんと2つに切って下さったんです。
そしてお土産には丹波黒豆大福を購入。すっごく美味しかったですよ。

お腹が満たされたら、また歩き始めます。下の作品分かりますか?2人の女性が椅子に腰かけています。
肉眼ではよく分かるのですが、画像にすると後ろの景色と同化しちゃって分かりにくいですね。

こちらはマリリン・モンロー。
昨年は室内で後ろが壁だったので作品が浮き上がって見えましたが、今回はちょっと残念でした。


そして、水嶋さんの作品が展示されている銀泉備後町ビルにたどり着きました。
この会場、普段は大きなテーブルが置いてあるそうなんですが、御堂筋アートの為に全部片づけて
下さったそうです。天井が高い美術館のようでした。外から見える所に展示されているのはこの作品。
和紙で作成されています。外国人の方の作品です。「最近和を追及するのは外国人なのよねぇ」と
おっしゃるのは魔女メグさん。現代アート、古と新の融合です。

もう一つの作品はこちら。とっても素敵でした。


以上の2作品と共に、水嶋さんのマリリンは展示されています。大阪御堂筋アートのページでは正面から
の画像が無かったのでここで改めて水嶋さん撮影の画像をご紹介します。


やっぱり作者が撮ったものにはかないません。
そしてレポートは「魔女 御堂筋を歩く 2016-3」に続きます。