魔女 御堂筋を歩く 2016-1


さぁ今年も魔女メグさんが御堂筋にやって来ました。
今年も歩きましょうという話になった時、魔女メグさんは「展示会場、去年より増えてますよ」との筆者の
言葉に「え”~っ(*o*)!行けるとこまで行って後はカフェに居座りだわ」と弱気発言。
それでも2万歩制覇しました。2年目ということもあり、大体の場所は分かるので迷わず歩きやすかった
というのも事実です。今年も大いに役立ったパンフレット。優れものです。どこの会場でも手に入ります
ので、歩き出す前にまず手に入れましょう。


今年は、午前9時前位からスタートです。朝早くからでも鑑賞可能なお初天神(露天神社)から回ることに
しました。いかにも大阪っぽい看板のお店を見て、お初天神の参道は屋根付きのアーケードです。

今年のお初天神での展示は神社の雰囲気にぴったり合って昔からそこにあったようでした。
作品と神社を入れて記念撮影する方も多いとか...


このあと、証券会社や銀行が続きます。間違いがあるといけないので、自信のある場所以外は建物名、
作者名は伏せさせて下さいね(全然取材になってないですね。ごめんなさい。)

歩いていて建物の雰囲気に合った自動販売機を発見!恐らく特注でしょう。ちょっと未来的。

 

そして、御堂筋で忘れてはならないのが彫刻です。
清水多嘉示作「みどりのリズム」           マルチェルロ・マスケリーニ作「水浴者」

ここで主催者側の開催趣旨を抜粋でご紹介。

今の時代に大切なことは「美しい」を、整備された観光地や作られた資源の中に求めるのではなく、
今の社会や生活の中にごくごく普遍的に浸透している「美しい」を見出していくこととして私たちは
捉えています。
伝統や文化、そのことについて私たちひとりひとりがもう一度、色々な選択肢を含め考えてみる必要がある
のではないでしょうか、そのような思いを含めて「大阪御堂筋アート」を開催できればと考えています。

多くの企業が立ち並ぶビルの中にさりげなく展示された現代アートの数々は、この1ヶ月間御堂筋の生活に
溶け込みます。

左下の画像で真ん中辺りに四角い模様がありますが、これはガラス面に付いていた模様です。
正面からはどうしても模様を入れずに撮影することが出来ませんでした(画像処理で消せば良かったんです
が)。角度を変えて全体を斜めから撮影してみました。

ショーウィンドーの中の作品はやはり撮影が難しいです。光が反射したり、撮ってる本人が写ってしまっ
たり。歩いている人達には一番目に付く場所なんですけどね...

作品の説明にじっと見入る魔女メグさんです。昨年も参加された作家さんが多く、どうしても去年と比べて
しまい、魔女メグさんも今年はやや辛口批評です。それでも楽しんで歩いたことは確かです。

ここまで1時間位歩いたでしょうか。作品はまだまだ続きます。
続きは「魔女御堂筋を歩く 2016-2」で...